日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > メディアはオカルト軽視!?
山口敏太郎の摩訶不思議ぶった切り VOL.7

浜名湖の怪物事件で露呈した、メディアの“オカルト軽視”体質

umabintaro.jpg『世界の未確認生物ファイル』
(PHP研究所)

UMA、心霊現象、都市伝説、オカルト……科学や情報技術が発達した現代でも、今なお話題に上がり続ける真贋不明な有象無象を、”摩訶不思議”のオーソリティー・山口敏太郎が縦横無尽にぶった斬る

 UMAとは、UFO=未確認飛行物体に対して作られた「未確認生物」を意味する言葉であった。昭和の頃までは、「ヒバゴン」「つちのこ」「イッシー」などが注目の的であり、「ニューネッシー」が引き揚げられたときは、小学生だった筆者は小躍りしたものである。

 だが、それも今は昔、平成以降の日本では外来生物や帰化生物、突然変異の動物が誤認されるぐらいで、UMAらしいUMAはほとんどご無沙汰であった。だが、久々に期待できるニューカマーが登場した。

 それは、浜名湖の怪物・ハマちゃんである。呼び方はハッシー、ハマス、ハマポゴ、ハマッシー、ハマナッシーといろいろあるが、4~5メートルという体長からして、十分にUMAらしい立派な体躯である。

 ハマちゃんは、3月18日の午後3時半ごろ、浜名湖に出現。漁業関係者に目撃され、駆けつけた警察官も湖上300メートル沖合で時々浮上する、茶色い巨大生物を目視している。その日は夕方5時半頃まで怪物は回遊を続け、同20日にも出現した。

 この謎の生物の外見だが、目撃者の情報を総合すると、犬のような毛がびっしり生え、黒のまだら模様があり、ヒレはないという。しかも、最初の目撃者は2時間近く観察したが、潮吹きがなかったらしい。

 正体は一体なんなのかということになるが、アザラシ、イルカ、スナメリ、ゴンドウクジラなど諸説あるものの、どれもが決め手に欠ける。潮吹きがないということはクジラではなく、犬のような毛が生えヒレがないということならば、イルカ、スナメリ、アザラシも消える。では、一体何者なのだろうか? 筆者はリュウグウノツカイ説(或いはそれに近い種の深海魚)を唱えている。(毛のような)ヒゲがあり、ヒレがなく、斑点がある。また、4~5メートルという体長から想像すると、リュウグウノツカイが近いと思えるのだ。この生物は本来は深海が生息エリアなのだが、台湾に漂着しており、我が国でも稀にあがることがある。

 この怪物に関して、筆者は複数の媒体の取材を受けた。だが、ある媒体だけ大変不愉快な対応があった。謝罪があったので武士の情けで名前は書かないが、誘導尋問やオカルトをバカにする発言があったのだ。

 筆者は冷静に、以下のようにコメントした。


123
こんな記事も読まれています

浜名湖の怪物事件で露呈した、メディアの“オカルト軽視”体質のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

UMA、心霊現象、都市伝説、オカルト......科学や情報技術が発達した現代でも、今なお...
写真