日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > テレビ辛口研究所  > ママタレはなぜ嫌われる?
テレビ辛口研究所

「大した仕事もしてないクセに」紗栄子、辻希美……ママタレはなぜ嫌われる?

紗栄子公式ブログより

 日本テレビ系の『超再現!ミステリー』(4月17日スタート)で、司会を務めるお笑いコンビ・チュートリアル・徳井義実、ピース・綾部祐二のアシスタントとしてレギュラー出演している紗栄子。

 辻希美とともに、先日、「週刊女性」(主婦と生活社)が発表した「女が嫌いなママタレ」ランキングでも安定した実力を見せつけていた、「嫌われるママタレ」の代表格である。でも、2人のほかにも「ママタレ」「嫁タレ」というと、たいてい嫌われている人ばかり。

 一体なぜ、ママタレは嫌われるのだろうか。嫌われるママタレとそうでないママタレとの違いとは? テレビ関係者に聞いた。

「紗栄子の場合は、離婚によってたっぷり養育費をもらいつつも、自分はちゃっかりテレビに出演したり、元夫と平気で連絡を取り合いつつ、ブログで『離れても彼はずっと私の大切な人』とかキレイごとを言ってしまえる面の皮の厚さが嫌われているんでしょうね。また、辻希美と共通していえるのは、『言わなくてもいいこと』を自らブログで書き続ける、自ら種をまき続ける、自己顕示欲の強さ。きちんと“母”になりきれず、子どもよりも“わが身かわいさ”みたいなところがある、幼児性に対する嫌悪感もあるんじゃないでしょうか」

 確かに、嫌われるママタレには「ブログ炎上」というのも付き物である。また、ある女性誌編集者は、こう指摘する。

「ブログがきっかけでバッシングを受けるママタレは多いですが、それよりも、プライベートの話題だけで食っていこうとするのが、そもそもムリがあるんだと思います。本人はたいした仕事をしていない、代表作など何もない、たいした能力を持っていないのに、『○○の嫁』という配偶者の名前だけでテレビなどに露出すること、ダンナの名前を利用して、突然セレブ化して地位が高くなってしまったケースに嫌われる人が多い気がします」

 知名度はそこそこ&代表作品のない「B級タレント」の紗栄子が「セレブママ」化しているのがまさに典型的だが、逆に嫌われないのは、「家庭のニオイを出さない」女優や、モデルなど。
 
 有名俳優と結婚した有名女優などは嫌われないし、「仮面夫婦」というウワサや、夫でなく本人の「浮気」のウワサなどが出るモデルの「カリスマ主婦」系の人も、「嫌われママタレ」になりにくい(※報道されにくいという点もあるだろうが)。

12

「大した仕事もしてないクセに」紗栄子、辻希美……ママタレはなぜ嫌われる?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

新旧レジェンドラーメン店を再現したカップ麺3選!

現在のラーメン文化の礎になったレジェンドラーメン...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

日本テレビ系の『超再現!ミステリー』(4月17日スタート)で、司会を務めるお笑いコンビ・...
写真