日刊サイゾー トップ > 芸能  > 沢尻を追い込んだ人物とは?

「りりこ役が抜けない!」沢尻エリカを追い込んだのはアノ人だった!

hs0522_sawajiri.jpg映画『ヘルタースケルター』公式サイトより

 “スキャンダル女王”沢尻エリカが、またまたお騒がせだ。映画『クローズド・ノート』以来、5年ぶりの主演映画となる『ヘルタースケルター』(7月14日公開)のPR活動を「体調不良」によって休止することが、所属事務所のエイベックスより発表されたのだ。

 沢尻は全身整形のトップアイドル「りりこ」を熱演。上映開始数分でヌードを披露するばかりか、恋人役の窪塚洋介とのSEXや、プロデューサー・哀川翔への枕営業シーンもある。

 沢尻の突然の活動休止について、一部では“話題作り”と見る向きもあるが、芸能プロ関係者は「心身ともに不安定な状況で、医者に診てもらっていることは確かなようです。劇中のりりこ役が抜けず、今のままでは人前に出すことも困難のようです」と話す。

 今回、撮影中から沢尻の“奇行”は話題になっており、一部週刊誌では「二日酔いで現場に現れ、共演の寺島しのぶを激怒させた」とも報じられた。ここまで“壊れてしまった”のはなぜか? ある映画関係者は、同作の監督を務める蜷川実花氏の存在を挙げる。

「蜷川さんの本業は写真家で映画監督は素人同然。撮影は役者を信頼する手法だったそうで、悪く言えば役者任せの現場だったそうです。沢尻さんに対しても特段、演技の指示は出さず、沢尻さんも『今の(演技)でOKなのかわからない……』と苦悩を口にすることもあったとか。心労は相当なものだったと思いますよ」

 プライベートでは奔放な沢尻だが、女優業には全力投球するタイプ。それだけに、今回の心労は“蜷川スタイル”の撮影による反動と見る人も。両者は同作でのタッグを機に、さらに強いキズナで結ばれたと言われるが、沢尻に近い関係者からは「彼女が壊れてしまうから、(蜷川には)距離を置いてほしい」という切実な声も聞かれる。沢尻の“復活”は、いつになるのか──。

最終更新:2012/05/22 08:00

「りりこ役が抜けない!」沢尻エリカを追い込んだのはアノ人だった!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

星野源の「一番ヤバいこと」

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

“スキャンダル女王”沢尻エリカが、またまたお騒がせだ。映画『クローズド・ノート』以来、5...
写真