日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > AKB・坂道系  > AKB総選挙 鈴木紫帆里に注目
【特集】AKB48 27thシングル選抜総選挙

AKB48最高身長・鈴木紫帆里ヒストリー 一度あきらめたAKB48に彼女が復帰を遂げた理由

suzuki_AKB.jpg

 AKB48最高身長の171cmを誇るチームBメンバー・鈴木紫帆里。ダイナミックなパフォーマンスと知性で知られた優等生だった彼女は、7期生として加入したものの学業との両立に悩み、一度は劇場を去りながらも、11期生として復帰し、今年、ぐぐたす選抜にも選ばれた。自らの努力で未来を切り開こうとしつつある彼女のヒストリーに迫る。

 2008年12月、中学3年生の時に7期生研究生オーディションに合格した鈴木紫帆里。劇場公演のバックダンサーをこなしながら、09年3月6日、シングル「10年桜」(キングレコード)購入者から抽選で選ばれたファンだけが鑑賞できた「B4th研究生特別公演」で公演デビューを果たした。ユニット曲の「片思いの対角線」ではセンターを担当。親友の彼氏に恋心を抱く揺れる思いを描いた曲で、切ない表情ながらダンスは激しいという曲に挑んだ。

 後に、そろって身長が高いことから“ダブルタワー”を名乗り、仲を育む佐藤すみれ、同じく交流を深める小森美果との3人のユニットで、レッスン当初は、3人の振りが合わず、何回も練習を行い、1カ所振りが合うだけで飛び上がって喜びながら、必死で練習したのだった。懸命に活動する彼女の姿勢は評価され、研究生ながら『週刊AKB』(テレビ東京系)の第1回目から出演する。

 そうして経験を積む中、8月23日、日本武道館でのコンサート『AKB104選抜メンバー組閣祭り』で、新たに体制が変わるチームBの正規メンバー昇格が発表された。しかし、そのわずか6日後の公演の最後で鈴木は自ら衝撃の発表を行った。

「私、鈴木紫帆里は8月31日をもちまして、AKB48研究生を辞退させていただくことになりました。武道館で昇格させていただいて、正規メンバーになるという時に、自分の中途半端さに気がついて、ほかのメンバーは必死に夢を追いかけているのに、AKBに入って夢を見つければ、という甘い考え方で続けてるわけにはいかないと思って、AKBにいて悩んで立ち止まっているより、自分で夢を見つけて、その夢にまっすぐに向って歩くことに決めました」

1234
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed