日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > テレビ辛口研究所  > DAIGO人気は育ちの良さ?
テレビ辛口研究所

「やっぱり育ちの良さが違う!?」JOY、ユージがDAIGOに勝てないワケ

daigo.jpg『DAIGO POP』(ゴマブックス)

 2008年の流行語大賞ノミネートは逃したものの、「うぃっしゅ」でプチブレイクしたDAIGO。その後、間もなく「DAIGOみたい」と言われるJOY、さらに「JOYとかぶる」と言われるユージが出てきた。

 売れた時期が近いことや、容姿やキャラがどこかしら似通っているということから「DAIGOみたい」と言われたタレントが一時はテレビにたくさん出ていた気がするが、現在はどうなっている?

 DAIGOのレギュラー番組は、『新堂本兄弟』『馬の王子様Season2』(ともにフジテレビ系)、『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)の3本で、ニコニコ生放送とBS番組のほか、CMも数本。

 そして、JOYのレギュラー番組は『ヒルナンデス!』(火曜日/日本テレビ系)の1本と準レギュラーで『アッコにおまかせ!』(TBS系)がある。そしてユージは、『所さんの目がテン!』(日本テレビ系)のほか、スマホ向けNOTTVの仕事があるらしい。

 いずれも単発ではちょこちょこテレビに出ているものの、結局、「DAIGO的な人」で最も売れ続けているのは、DAIGO本人ということになるだろう。

 一体、三者の間にはどんな違いがあるのか。あるテレビ関係者は言う。

「JOYやユージの場合、バラエティ番組でよく『DAIGOみたいなの』とイジられていましたが、昔よりテレビの露出が減っているのは、DAIGOとの競合というよりも、ローラ人気のせいだと思いますよ。“テキトーで明るい外国人(あるいはハーフ)”みたいなポジションは、ローラ一人いれば十分で、かつて大人気だったボビー・オロゴンもローラによってポジションを奪われている感がありますからね」

 だが、週刊誌記者は言う。

「モデルでチャラい印象があるJOYや、ヤンキーあがりのユージに比べ、一番違うところは、DAIGOの好感度の高さだと思いますよ。育ちの良さがうかがえる、おっとりしていて優しそうな感じや、ちょっとドンくさいところ、イヤミのないところが、どうにも憎めない感じがして、愛されるのではないかと思います」


12
こんな記事も読まれています

「やっぱり育ちの良さが違う!?」JOY、ユージがDAIGOに勝てないワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

2008年の流行語大賞ノミネートは逃したものの、「うぃっしゅ」でプチブレイクしたDAIG...
写真