日刊サイゾー トップ > 芸能  > イキャブ社長自殺でガセネタ?

「一体なぜ!?」イエローキャブ社長自殺の裏で事務所関係者が“ガセ情報”を流していた?

yellowcab.jpgイエローキャブ公式サイトより

 小池栄子や佐藤江梨子ら巨乳グラドルを世に送り出した、大手芸能プロダクション「イエローキャブ」の社長・帯刀(おびなた)孝則さんが6月28日午後3時すぎ、東京都港区南青山の事務所内で首吊り自殺を図り、亡くなった。58歳だった。

 一時は巨乳ブームで隆盛を誇ったイエローキャブだったが、名物社長といわれた野田義治氏が2004年に経営上のトラブルを理由に辞任。袂を分かってからは、徐々に業績も右肩下がりで「ここ数年は億単位の負債を抱えていた」(関係者)という。

 一部では、亡くなる数日前に行われた株主総会で、社長を解任されていたという情報もある。帯刀さんを知る人物は「負債を抱えた責任や、所属タレントの将来などを1人で背負い込んでいたのだろう。根はすごく真面目な人だったから……」と偲ぶ。

 その一方で帯刀さんの死因をめぐっては、不可解な出来事も起きていた。

「帯刀さんが事務所で自殺したという話が入ってきたのは、28日の午後9時くらい。いわゆる警察ルートからの情報だったので“鉄板”ではあったのですが、念のため事務所関係者に電話したところ、なぜか関係者は自殺を否定して『事務所でいきなり倒れた。死因は心筋梗塞』と頑なに主張したんです」(テレビ局関係者)

 心筋梗塞で倒れたのなら、それは「自殺」ではなく「突然死」ということになり、その意味合いも違ってくる。実際、事務所関係者の情報を信じ込んだ日刊スポーツだけが翌日の新聞で「死因は心筋梗塞」と報じた。

 それにしても、なぜ事務所サイドは“ガセ情報”を流したのか? 芸能プロ関係者は「社長が自殺というのは業界的にもイメージが良くない。さらに業績が悪化することを恐れたからでは」と指摘する。一方で、別の関係者は「自殺の背景を調べられたらマズイことでもあるのではないか? 実際、事務所サイドは帯刀さんが亡くなった直後から情報操作を行うと同時に、芸能界の重鎮にマスコミ対策の相談をしている。ピリピリムードなのは間違いない」と話す。

 真相が明らかになる日は、やって来るのか──。

最終更新:2012/07/02 15:00
こんな記事も読まれています

「一体なぜ!?」イエローキャブ社長自殺の裏で事務所関係者が“ガセ情報”を流していた?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

侍ジャパン世界一の裏に野村克也?

 スポーツ系の情報番組やスポーツニュースは、...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

小池栄子や佐藤江梨子ら巨乳グラドルを世に送り出した、大手芸能プロダクション「イエローキャ...
写真