日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > 山ピー“禁断”の握手会決行か

「ついにジャニーズ禁断の握手会決行か!?」元NEWS・山下智久の新曲が初日売り上げ3位の衝撃!

yamashitatomohisa0076.jpg天下の山Pもそろそろ限界?

 ジャニーズの人気アイドル山下智久が窮地に追い込まれている。これまで1stシングル「抱いてセニョリータ」(ジャニーズエンタテイメント)から5作連続でオリコン週間シングルランキング初登場1位を飾ってきたが、7月4日発売の新曲「LOVE CHASE」(ワーナーミュージック・ジャパン)でついに“連勝記録”にストップがかかりそうなのだ。

 4日に発表されたオリコンシングルデイリーランキングによると、人気韓流アイドルのキム・ヒョンジュンの2ndシングル「HEAT」が発売初日で13万7,774枚を売り上げトップに。山Pは同日発売の「モーニング娘。」の新曲にも及ばず、5万4,244枚で3位に甘んじてしまった。ヒョンジュンとは8万3,530枚もの大差をつけられ、逆転はかなり厳しい状況だ。

 “刺客”となったヒョンジュンは3日に東京・お台場で握手会&即売会を行い、その場で1万5,000枚ほど売り上げを伸ばしたという。対する山Pは音楽番組でのプロモーションがほとんどで、直接ファンに購買を訴える活動はしていない。

 ジャニーズに詳しい関係者は「山P本人が売り上げに固執しているわけでなく『どうでもいいよ』といった状況。ただ、天下のジャニーズ事務所としては、それは許されない。ヒョンジュンはまだしも、落ち目のモー娘。にまで負けるようでは“看板”に傷がつきますからね」と話す。

 そこで、ついに山P本人の握手会決行がウワサされている。

「CD1枚購入につき1回の握手券を付ける、AKB48などでおなじみの手法。回数無制限で、CDを買うごとに再び山Pと握手ができる。熱狂的なファンが多いですから、そこで一気に3万枚以上上乗せすることは可能でしょう」(音楽関係者)

 ただ、一方でこうした握手会を行うこと自体が人気低迷の象徴と見る向きもある。

「ジャニーズにとっては頭の痛いところでしょう。どちらにしても、山Pの人気に陰りが見え始めてきたことは隠しようがない」(同)

 果たして世紀の大逆転はあるのか──。

最終更新:2013/02/04 12:20
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』藤原三兄弟の“本当の仲”

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真