日刊サイゾー トップ > 芸能  > 西川史子、現場の評価は最高!?

「現場ディレクターの評価は最高!?」生放送と収録で“毒舌”を使い分ける西川史子の稼ぎっぷり

y3fwfbhf.jpg『年収4000万にこだわる理由』
(小学館)

 今、芸能界で一番“毒舌”な女性タレントといえば、西川史子で間違いないだろう。

「レギュラー出演している『サンデー・ジャポン』(TBS系)では、視聴者が思っていること代弁するような物言いがウケています。お笑いの陣内智則と破局したモデルの三枝こころを『いい売名行為になったね』と言ったり、結婚した長谷川理恵については、『賞味期限が切れて結婚したのかな』とバッサリ。それも、思いつきではなく、放送できるギリギリの範囲の発言ばかり。収録の場合はさらに飛ばしてくれるので、現場のディレクターからは評価が非常に高いですよ。その分、お蔵入りになった発言も多いそうですが」(テレビ局関係者)


 最近では、あるバラエティ特番での収録時にかなりアブナイ発言をしたいう。

「彼女は、生放送じゃないときは本当にヤバい発言もするんです。このときは、芸能人のマンションの話になって、『私は芸能人が住んでるマンションに住むなんて考えられない』と発言後、『そうそう、あのオセロ中島さんが住んでたマンション、事故物件になってるって知ってた?』と続けたんです。共演者もこの話に興味を持っているのが分かったのか、続けて『実は、あのマンションを買おうとしてて、不動産屋とやりとりしてたんだけど、今はあの事件のせいで半値以下になってるんだって』と言ったんです」(番組関係者)

 それが本当なら、例の部屋の家主である本木雅弘をはじめ、福山雅治や今田耕司にとっても気が気でない話である。

「実際のところ、あそこのマンションが値崩れしたって話は聞きませんが、確かに、事件直後は借り手がいなくなるのはよくあることです。ただ、立地もいい最新設備の億ションですので、半値以下ってことはないと思うのですが……」(不動産関係者)

 この話がホントなのか、ウソなのかは分からないが、億ションを購入しようとした西川先生が相当稼いでいるのは間違いなさそうだ。

最終更新:2012/08/24 16:28
こんな記事も読まれています

「現場ディレクターの評価は最高!?」生放送と収録で“毒舌”を使い分ける西川史子の稼ぎっぷりのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

2018年の日本映画を英国人Pが語る

今、芸能界で一番“毒舌”な女性タレントといえば、西川史子で間違いないだろう。「レギュラー...
写真