日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 武井咲3連続ドラマ主演のナゼ

“隠れ低視聴率女優”ブレーク中の武井咲が三期連続ドラマ主演できる深いワケ

『武井咲マガジン』マガジンハウス

 女優の武井咲が10月10日スタートの日本テレビ系連ドラ『東京全力少女』に主演することが発表された。シリアスな役柄だった4月クールの『Wの悲劇』(テレビ朝日系)、7月クールの『息もできない夏』(フジテレビ系)に続く3期連続の主演で、今作では初のコメディーに挑戦する。

 デビュー4年目での新境地に、武井は「新しい自分を引き出してくれると思う」とコメント。今月中旬にもクランクイン予定という。

 武井といえば、同じ事務所の先輩・上戸彩の後釜として瞬く間にブレークしたが、露出とは対照的に、ドラマでは視聴率が振るわない“隠れ低視聴率女優”といわれている。『Wの悲劇』は全8話で平均視聴率9.1%、『息もできない夏』も10%前後と低迷。にもかかわらず、武井が主演を張れるのはナゼか?

 これに、テレビ関係者は「ぶっちゃけ、所属事務所のオスカープロモーションの強烈な売り込みですよ。なんせ、社長自ら営業しに来ることもあるんですから(笑)。オスカーのやり方は決まっていて、格安なギャラで連ドラに主演させ、実績を作り、それを元手にCMで儲けるという手法。かつては上戸さんもそうでした」と明かす。

 しかも今回は三期連続な上に、テレ朝→フジ→日テレと、すべてが他局。

「全局で連ドラ主演という肩書きを取りにきたのでしょう。えぇ、これもCM契約でプラス査定になります。本当にうまいですよ」とは別のテレビ関係者。一説には武井のCM1本のギャラはこの1年で2倍近くまでハネ上がったという。

「推定3,000万円といわれる某人気俳優Aよりランクが上なんだとか。Aがそのことを伝え聞き、『なんでアノ子がそんなに高いの!?』と目を丸くしていた」(芸能プロマネジャー)

 働きすぎには、くれぐれもご注意を……。

最終更新:2012/10/10 15:53
こんな記事も読まれています

“隠れ低視聴率女優”ブレーク中の武井咲が三期連続ドラマ主演できる深いワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

“新世代の三谷幸喜”上田監督が語る

「面白い!」「完全に騙された!」「感動した!」と映画ファンの間で噂を呼んでいるのが、...…
写真