日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > コメント力よりもコネ!?

「コメント力よりもコネ!」『とくダネ!』リストラされなかったコメンテーターたちの強力な“武器”

tokudane.jpgフジテレビ『とくダネ!』

 民放各局の朝の情報番組で上半期平均視聴率トップの座を日本テレビ系『スッキリ!!』に奪われてしまったフジテレビ系『とくダネ!』。巻き返しを図るためか、10月から大幅なリニューアルが行われたはずだが、見た目にはそれほど変化がなかったようで、「セットのデザインが変わったぐらいで、以前からなくなると思っていた小倉智昭キャスターの“前説”も相変わらず残っている」(フジ関係者)。

 ただ、予算的には大幅なリニューアルが行われたようで、経費削減の影響で,
おなじみだったコメンテーター陣が9月いっぱいで卒業してしまったという。

「小倉キャスターのお気に入りで、中野美奈子アナの退社後はMCとしても名前が挙がっていた眞鍋かをりをはじめ、ピーコ、高木美保らが“リストラ”された。ピーコや高木は番組の中で卒業のあいさつをしたが、眞鍋は突発的ニュースが入ったため、あいさつすらなし。公式サイトのレギュラー出演情報からは『とくダネ!』の文字が消えていたが、プロフィール欄にはまだ残っているのが物悲しい」(同)

 この中で高木は、10月から裏番組のテレビ朝日系『モーニングバード!』の木曜コメンテーターを務めることになった。「MC羽鳥慎一のバックにいる芸能界の大物と昵懇の出版関係者の力で、ねじ込んでもらったようだ」(テレ朝関係者)というから、リストラされてもさほど困らなかったようだが、『とくダネ!』に残留したコメンテーターたちに、もはやコメント力は求められていないようだ。

「主なところでは、他局でもコメンテーターを務めるデーブ・スペクター、芸能リポーターの前田忠明らが残留。デーブはたまにキレのあるコメントを発することもあるが、ハリウッドセレブの動向に詳しく、パパラッチが撮影した“お宝映像”をいつでも“輸入”できるコネクションがあるため重宝されている。一方、前田は得意なはずの芸能情報でもネタに乏しく、コメントもいまいちピント外れなものが多く、局内からは不要論が巻き起こっていた。しかし、リポーター歴が長いだけに、ことごとく芸能界の重鎮たちを押さえいるため、何かと役に立ち、映像使用をめぐるトラブル回避などのために必要な人材としてデーブ同様重宝されている。デーブは海外、前田は芸能界へのそれぞれの強力なコネで、コメンテーターとして生き残りを果たした」(テレビ関係者)

 とはいえ、あくまでも内輪で使い勝手がいいコメンテーターばかりを残留させてしまっただけに、視聴率にどう影響を与えるかが注目される。

最終更新:2012/10/11 17:29
こんな記事も読まれています

「コメント力よりもコネ!」『とくダネ!』リストラされなかったコメンテーターたちの強力な“武器”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

山田ルイ53世インタビュー

民放各局の朝の情報番組で上半期平均視聴率トップの座を日本テレビ系『スッキリ!!』に奪われ...
写真