日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 武井咲はもうパンク寸前!?

「武井咲はもうパンク寸前!?」番宣打ちまくりの『東京全力少女』まさかの1ケタスタートで……

tokyozenryoku001.jpg『東京全力少女』日本テレビ

 人気若手女優の武井咲が、「なんでこうなるの!」と頭を抱えている。主演ドラマ『東京全力少女』(日本テレビ系)の初回視聴率が9.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と、いきなりの1ケタスタートとなってしまったのだ。

 数多くのテレビCMに起用され、連ドラや映画では常に主役級の扱い。「若手女優では群を抜いている」というイメージの武井だが、その裏には常に事務所による“ゴリ押し”の疑念が付きまとっていた。

「事務所社長自らテレビ局に乗り込み、『とにかく主演で!』と猛烈プッシュするんです。ギャラは二の次で、まずは知名度。その後、知名度を武器にCMで採算を取る手法です。これをやると露出は短期間で爆発的に増えますが、世間の感覚とズレが生じる。今回の数字はそのズレを如実に表すものといえるでしょう」(放送関係者)

 たしかに、初回放送はテレビ朝日の人気刑事シリーズ『相棒 season11』の冒頭と重なった影響もあったのかもしれない。だが、連日連夜、朝から晩までドラマの番宣に駆り出された武井にしてみれば「ここまでやったのになんで……」と落胆するのも無理もない。

 武井を知る人物は「分刻みのスケジュールで、体力的にも彼女は限界に近い。常に笑顔のイメージがありますが、最近は日々の不満をスタッフにブチまけることもあるそうです。今回の1ケタスタートが余計なストレスとなり、パンクしなければいいのですが……」と心配する。

 事務所の“稼ぎ頭”だった上戸彩がEXILE・HIROと結婚したことで、“ポスト上戸彩”の育成を急いでいるのかもしれないが、時には長い目で見ることも必要だろう。

最終更新:2012/10/22 11:27
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

松本人志訴状のツッコミどころ

今週の注目記事・第1位「『岸田の金庫番』総理...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真