日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 紅白司会の堀北が合コン中毒!?

「メイサの影響で“合コン中毒”に!?」紅白司会の堀北真希 今だから言える『梅ちゃん先生』主演の裏事情

『梅ちゃん先生 メモリアルブック』

 年末の風物詩、紅白歌合戦の司会が発表された。

「白組は昨年に引き続き、嵐が担当することになりました。紅組は、今年の朝ドラ『梅ちゃん先生』で主演を務めた堀北真希さんになりました。まあ、あれだけの高視聴率を獲得したのですから、当然の抜擢ですね」(スポーツ紙記者)

 『梅ちゃん先生』のヒットについては今更語るでもないが、当初はなぜ堀北が朝の連ドラに出るのか疑問を持つ声も多かった。

「基本的に、今までのNHKの朝ドラは、若手の登竜門的な扱いだったんです。ここで顔を売って、認知度を高めるというのが一番の狙いなんです。それだけに、すでに主演ドラマや映画、CMなどで世間的な認知度も非常に高い堀北さんが、拘束期間が長く、ギャラも安い朝ドラに出るメリットgはほとんどなかったはずです」(芸能事務所関係者)

 実際、この1年は『梅ちゃん先生』以外の仕事はほとんどしていない。その決断を下したのが、所属事務所の女社長だという。

「実は、この話が決まる前まで、堀北さんは盛んに『合コンしたい! 彼氏が欲しい!』と騒いでいて、“合コン中毒”状態。それも、同じ事務所で親友の黒木メイサの影響です。メイサの男関係には目をつむっていたようですが、彼女まで同じことをされたらたまらないということで、スケジュールやプライベートも徹底管理したそうです。それが功を奏したんでしょうね」(テレビ局関係者)

 そのせいか、最近の堀北は多忙で結構なストレスを抱えているらしい。自分が診察台に乗ることにならなければいいが……。

最終更新:2012/10/22 11:33
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed