日刊サイゾー トップ > 芸能  > DaiGoは賞味期限間近!?

「トーク力なく、スケジュール管理も甘く……」メンタリストDaiGoの正念場

daigo1102.jpgDaiGo公式サイトより

 突如としてテレビに現れ、甘いマスクに柔らかな物腰で一気にお茶の間の人気者になったメンタリスト・DaiGo。しかし、一部では「早々にメディアから消えてしまうのではないか」と、今後の進退を危ぶむ声が出始めている。

「DaiGoの露出が増えたのは、テレビ局側がセロに続く見栄えがいいエンタテイナーを欲しがったという事情があります。セロの場合は本人の見た目もマジックも派手でしたが、その裏で、たくさんの仕掛け人やCGを用いてマジックの種をあからさまに消したりしていた事実が発覚しました。もちろん、仕掛け人を使うのはマジックではよくあることですが、セロの場合は極端すぎたので、テレビ業界からフェードアウトしていきました」(制作会社スタッフ)

 そこで白羽の矢が立ったのが、当時慶應大大学院に在籍していたDaiGoだったという。

 セロとは真逆の柔和なタイプで、また“メンタリスト”として「相手の心理を読む」、そして「ある程度、手の内をばらして解説してみせる」というギミックを使用することで、今までになかったタイプのマジシャンとして売り出すことに成功した。

「やっていることは単純な心理テクニックと古典的な手品をからめただけですが、見た目に新しいエンタテインメントとして成立させたことは評価されています。キャラ設定とルックス、目新しさで取り上げられてきましたが、何しろ最近までまったくの素人だったため、トーク力がまったくないんです。また、スケジュール管理がうまくいかず、現場を中座することもあったため、先輩や大御所のタレントの機嫌を損ね、嫌われてしまったとの話も聞こえています」(同)

 “メンタリスト”の商標にまつわる騒動などもあり、注目を集めてきたDaiGo。セロやMr.マリックのような一流のエンターテイナーになれるかどうか、今が正念場なのかもしれない。

最終更新:2012/11/02 12:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

「トーク力なく、スケジュール管理も甘く……」メンタリストDaiGoの正念場のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

瓜田純士、実父への想いを歌う

突如としてテレビに現れ、甘いマスクに柔らかな物腰で一気にお茶の間の人気者になったメンタリ...
写真