日刊サイゾー トップ > その他  > 汚いバーガー炎上マック直撃

ぐちゃぐちゃバーガーで炎上のマックに真相直撃!「あれはゲームですので」

 サイゾーのニュースサイト「Business Journal」の中から、ユーザーの反響の大きかった記事をピックアップしてお届けしちゃいます!

■「Business Journal」人気記事(一部抜粋)
大手新聞社長、海外出張に愛人同伴でブランド品買い漁り、ついに怪文書が…
ソフトバンク、TOEIC900点社員に報奨金100万円?社外研修の受講料も補助
テレビで独走のサムスンに蹴散らされる、ソニーとパナソニックの帰趨

■特にオススメ記事はこちら!
ぐちゃぐちゃバーガーで炎上のマックに真相直撃!「あれはゲームですので」 – Business Journal(1月11日)

マクドナルド

 マクドナルドの経営が思わしくない。12年秋にはレジでのメニュー表の廃止が議論を呼び、ポテト全サイズ150円キャンペーンを乱発。12年の既存店売上高が9年ぶりのマイナスとなり、話題を呼んだ。

 そんな折に開始された「ENJOY! 60秒サービス」が、飛んで火に入る夏の虫のごとく、炎上の種になっている。1月4日から31日の11時〜14時まで行なわれるこのキャンペーン。同店で会計終了してから商品の受け渡しまで、60秒以内に行なわれなければバーガー類無料券を、60秒以内でもホットコーヒーSサイズの無料券を配布するというものだが、キャンペーン開始直後から、2ちゃんねるをはじめとするインターネット上では、「急ぎすぎてメニューがぐちゃぐちゃ」「サービスの質が低下」などの批判が相次いでいる。

マクドナルド60秒キャンペーン 急ぎすぎてメニューがグチャグチャと話題! ー 
ガジェット通信(1月5日)

 では、実際のところはどうなのだろうか? 1月10日、都内のマクドナルドに足を運んでみた。

 東京メトロ沿線の某駅前にあるマクドナルド。筆者が同店を訪れたのは、昼食にはやや早い11時30分だが、5組ほどの客が並んでいた。それでも、昼時の繁華街やビジネス街に立地する店舗に比べれば、混雑とはとてもいえない状況だ。レジにはパートの主婦と思わしき妙齢の女性が2人、その奥にはマネージャーと思われる若手男性社員。鈍臭そうな印象はなく、どちらかと言えば、それぞれがきっちりと仕事をこなしている様子だ。これは、60秒を越えるためには、かなりの強敵なのではないか……?

 敵のレベル(※目視での感想です)を考えると、60秒以上の時間がかかりそうな複雑なメニューをオーダーしてみるという選択肢もあったが、今回は敢えてオーソドックスな「ハンバーガー2個、テイクアウトで」とオーダー。会計が済むと、レジ横に置かれていた運命の砂時計がくるりと回された……。

 商品を待っている間に、列の前に並んでいた男子高校生のオーダーが出そろう様子を見ていると、どうも様子がおかしい。彼はチキンフィレオセットを頼んでいたが、砂時計が落ちきっても商品が来る様子はない。クルーも特別にあわてる様子もなく、ようやく注文が出そろったのは、砂が落ちきってから20秒ほどオーバーした後だった。彼は、隣のレジに並んでいた友達に向かって、思わず「やったぜ!」と言わんばかりの喜びの目線を送っていた。

 しかし、こちらの注文はハンバーガー2つで合計200円。60秒以上かかると店側は、320円(都内価格)のビッグマックが手に入る無料券を、その客に進呈することになっており、わずか200円でハンバーガー2個にビッグマックまで奪われては、さすがに向こうも必死で阻止するだろう……と、あまり期待せずに待っていた。

マクドナルド砂時計の砂は落ちていくばかりだが……。

 だが、「しばらくお待ちください」の声とともに、レジ上にトレーが置かれてから、一向にそのトレーに乗るはずのハンバーガーが現れない。そこまで忙しいようには見えないが……。砂時計が半分以上落ちかけたところで、レジの向こうにようやくハンバーガーが登場した。だが、テイクアウトのためには、紙袋に詰め、さらに紙ナプキンを入れた後に、数回紙袋の上部を折り曲げなければならない。はたして間に合うのか、それとも時間はオーバーか、この時点では五分五分。ガラスに入った黄色い砂は音もせずに舞い落ちる。思わぬ展開に手に汗握る筆者。

 注文からすでに40秒が経過。紙袋にハンバーガーを詰めるクルーに対し「急げ! 慌てろ! そしてぐちゃぐちゃにしろ!」と、思わず本音を(心の中で)ぶつける筆者。いまや、本当に欲しいのは美味しいハンバーガーよりも、記事になる美味しいネタだった。そう、私の汚れた浅ましい性根が求めているのは、汚れたハンバーガーだったことに気がついたのだ。

「今はぐちゃぐちゃで無残なハンバーガーがI’m loving it! なんだ!」

 だが、そんな心の叫びを意に介すこともなく、丁寧に袋詰めするクルー。注文から67秒後、砂時計が落ちきり、バーガー無料券とともに、きっちりと紙袋に詰められたハンバーガーが手渡された。しかも、ご丁寧にスマイル(0円)までしっかりとサービスされ、ネタ収集に走っていた浅ましい己の気持ちが、さらにみじめなものに。「ぐちゃぐちゃにしろ!」とか思ってすいませんでした。

 だが、マクドナルドのキャンペーンが掲げる“60秒以内”に、提供できなかったのは事実。これでいいのだろうか? こうした状況を踏まえて、日本マクドナルド広報部を直撃した。

「マクドナルドでは、注文を受けてから、商品を作ります。できたての商品をスピーディーに提供しているんです。今回のキャンペーンは、このマクドナルドのスピーディーさをゲーム感覚で楽しんでもらおうという意図からキャンペーンを企画しました」(日本マクドナルド広報部担当)

 そのため、60秒以内に提供できない場合のペナルティなども特にない。ただし、クルーにとっては、この60秒という時間に追われてしまうのも事実。

「ネット上などで、中身がはみ出してしまっているような商品が話題となっているのは、こちらでも把握しています。しかし、あくまでも優先されるのは商品の見た目や美味しさ。今後、そのようなことがないように、エリア担当者を介して、各店舗に1月8日にこのキャンペーンの意味を改めて確認しました」(同)

 訪れた店舗では、筆者を含め、周囲にいた客のほとんどがバーガー無料券を手にしていたが、ネット上の書き込みや記事などでは、60秒以内に商品を提供される場合も多い様子。詳細は不明だが、もしかしたらこの「再確認」が効力を発揮しているのかもしれない。

 マクドナルドでは客数が増えたにもかかわらず、客単価の低減によって12年の既存店売上高が9年ぶりにマイナスとなる見通しだ。60秒キャンペーンは、ゲーム感覚で待ち時間を楽しめさらに無料券まで貰えて、消費者としては嬉しいサービスだ。しかし、マクドナルドが抱える本質的な問題に対しての効果については、疑問を抱かざるをえないのもまた事実だろう。
(文=萩原雄太/かもめマシーン)

■おすすめ記事
大手新聞社長、海外出張に愛人同伴でブランド品買い漁り、ついに怪文書が…
ソフトバンク、TOEIC900点社員に報奨金100万円?社外研修の受講料も補助
テレビで独走のサムスンに蹴散らされる、ソニーとパナソニックの帰趨
ブラック企業との“裏ワザ”的戦い方…知らずに入社し、警察や労基署にも見放されたら?
豪華クルーズの“格安”LCC元年到来なるか…10日間で10万円?

最終更新:2013/01/13 07:00
こんな記事も読まれています

ぐちゃぐちゃバーガーで炎上のマックに真相直撃!「あれはゲームですので」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太対談後編】

 5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。これを記念し...…
写真