日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > “ペニオク芸能人”明暗のナゼ

「謝り損」の小森純、「爆笑・太田に救われた」ピース綾部……“ペニオク芸能人”明暗のナゼ

41EoC2lcIkL._SS500_.jpg『AYABE MODE』(ワニブックス)

 一連の“ペニオク詐欺”事件で、ブログに虚偽の記事を掲載してファンをオークションサイトに誘導していた小森純が、レギュラー番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)を降板することが明らかになった。

 番組からは「番組改編期に伴うもので一連の騒動とは無関係」という説明があったと報じられているが、騒動の影響であることは明らか。これで小森はレギュラー番組のすべてを失うことになった。


「騒動発覚後、ネット上で“煽り”に反論するなど立ち回りを誤ったことが小森の悪循環の始まりでした。それでも『サンデージャポン』(TBS系)で生謝罪することで幕引きを図ろうとしましたが、共演者の西川史子さんに予想外の猛烈な糾弾を受けて、さらにイメージが悪化してしまった。“謝り損”になってしまった小森は、このままテレビから消えてしまう可能性も高いですよ」(芸能誌記者)

 一方で、お笑いコンビ・ピースの綾部祐二など、何事もなかったようにバラエティ番組に出演を続けている“ペニオク芸能人”もいる。いったい、この差はなんなのだろうか。

「事務所の力、と言ってしまえばそれまでですが、綾部の場合は爆笑問題の太田さんに救われた部分がある。騒動発覚直後の昨年末、『笑っていいとも年忘れ超特大号!』(フジテレビ系)に出演中に、太田さんが『綾部が言いたいことがあるらしいですよ!』『いいオークションがあるらしいですよ!』などと、綾部を“イジった”んです。綾部も最初はこのフリから逃げようとしましたが、太田さんのあまりのしつこさに観念して『すみません』と頭を下げた。これをマスコミが“生謝罪”と報じたことで、“綾部は潔く謝った”というイメージが浸透した」(同)

 ネット上では“等しく”バッシングが続いている両者だが、仕事の面ではくっきりと明暗が分かれてしまったようだ。

最終更新:2013/03/12 12:00

「謝り損」の小森純、「爆笑・太田に救われた」ピース綾部……“ペニオク芸能人”明暗のナゼのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

セクハラ&パワハラ事件が映画化

 忠誠心を見せろ。全米最大のニュース専門チャ...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

一連の“ペニオク詐欺”事件で、ブログに虚偽の記事を掲載してファンをオークションサイトに誘...
写真