日刊サイゾー トップ > 芸能  > 山本モナの暴露本がお蔵入り

中西(旧姓・山本)モナの芸能界復帰宣言でお蔵入りになった“不倫暴露本”の衝撃的な内容とは

mona0324.jpg中西モナオフィシャルブログ「true self」

「この春から、また芸能活動を再開させていただくことになりました」

 2011年6月に芸能界を引退した中西(旧姓・山本)モナが芸能活動の再開を宣言した。

 中西は10年8月に不動産会社社長と結婚、その後に芸能界引退を表明し、昨年には第1子を出産していたが、今年3月21日に自身のブログで「また仕事をしたいという思いが大きくなっていきました」と心変わりを明かした。

 すでに昨年末にはハワイでマスコミを前に「タイミングを見て」と復帰を予告していたのだが、この話にガッカリしたのが出版関係者だ。

「引退以降、芸能界での経験や過去の恋愛、不倫についてまとめた告白本の話を持ちかけていたので……」

 この関係者は、モナと深い付き合いのある芸能関係者と話を詰めていたというが、それが今回の芸能界復帰で白紙にされたという。

 モナといえば、民主党・細野豪志議員との路上キスを撮られた不倫、それに続いて番組キャスターを引き受けた直後に起こした巨人軍(当時)の二岡智宏とのラブホテル不倫で、仕事を降板したことなどが世間を騒がせたが「この件については、本人が打ち明けたいことがいろいろあるということだった」と同関係者。

「モナさんが密かに見てきた他のタレントの恋愛話なども盛り込まれるプランだったんですが、昨年夏ごろに『またタレントをやりたいそうだ』と“待った”がかかって、なんとか当初の予定通りに出版できないか交渉してみたんですが、ダメでした」(同)

 ただ、途中まで進められていた本の内容は、封印するには惜しいものばかりだったという。

「大竹まことさんに口説かれた話、辺見えみりさんや小沢真珠さんの知られざる恋愛、また、ロンドンブーツ1号2号の淳さんや、爆笑問題の太田光さんの、ビックリするようなオフレコ話も浮上していたんです」(同)

 しかし、モナとすれば、サヨナラした芸能界のことならいくらでも書けるが、また戻るとなると話は別ということだろう。最近のブログでは子どもの成長の様子を楽しげに書いており、復帰後はママタレ路線を希望しているとの話もある。そうなれば、たしかに暴露本はそぐわない。ただ、そんなモナのタレント復帰に「やめたほうがいい」と民放テレビプロデューサーは否定的だ。

12

中西(旧姓・山本)モナの芸能界復帰宣言でお蔵入りになった“不倫暴露本”の衝撃的な内容とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

「この春から、また芸能活動を再開させていただくことになりました」 2011年6月に芸能界...
写真