日刊サイゾー トップ > 芸能  > PSY新作MVは下品すぎる!?

「自らヘイトスピーチ?」韓国アーティストPSYの“下品すぎる”新曲MVが4日で1億ビュー突破

psy0418.jpgYouTubeより

 韓国人アーティストPSY(サイ)の新曲「GENTLEMAN」のMV(ミュージックビデオ)が動画共有サイトYouTubeに公開され、わずか4日で1億ビューを突破したことが話題になっている。

 驚異的なスピードではあるが、こうした話題作りが“逆効果”になっているのでは? という声もある。


「なんというか、今回のMVはとにかく印象が悪いんですよ。まるで自ら“私は下品です”と、ヘイトスピーチをしているよう」(芸能ライター)

 MVの内容は、PSY演じる中年男性が街中で暴れまわるという内容。トレーニングジムで女性がランニングしているマシンのスイッチを勝手に操作して女性を転倒させたり、エレベーターで便意を催した男性と同乗すると、フロアのボタンを乱打してトイレに行かせなかったり、図書館のようなスペースで読書中の女性に突然“にぎりっ屁”をしたり、プールサイドで横たわる女性のビキニを外したり、というもの。その際、PSYは必ずニヤニヤと笑いながら腰を振って踊っている。

「MVの意図としては『GENTLEMAN(紳士)と言いつつ、こんなヤンチャなことをやっちゃうオレ、面白い』という演出なんでしょうけれど、女性を転倒させたり、食べ物を粗末に扱う場面もありますし、アジア人のこうした振る舞いが欧米でどう受け止められるか、心配ですよ。シャレとして成立していないように見えますね……」(同)

 PSYは、前作の「GANGNAM STYLE」でもYouTube上での再生数が15億回を超えており、常にランキングのトップに顔を出すなど世界中でも目立つ存在となっている。だが、多くのユーザーがこのビデオを見てPSYのファンになるかどうかは、また別の問題といえるだろう。

最終更新:2013/04/18 17:59
こんな記事も読まれています
関連キーワード

「自らヘイトスピーチ?」韓国アーティストPSYの“下品すぎる”新曲MVが4日で1億ビュー突破のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法は「国民救済」が目的じゃない! 

韓国人アーティストPSY(サイ)の新曲「GENTLEMAN」のMV(ミュージックビデオ)...
写真