日刊サイゾー トップ > 芸能  > 岡田有希子自殺の真相は永遠の謎

サンミュージック故・相澤秀禎会長が、最期まで守り通した岡田有希子さんの“日記ノート”

yukikokada.jpg「岡田有希子 プロマイド5」
(マルベル堂)

 サンミュージックの相澤秀禎会長が逝去したことで、「永遠に謎になってしまった」とささやかれる話がある。1986年4月8日に飛び降り自殺した岡田有希子さんの死を決断させたとされる“交際相手”だ。

 相澤会長に生前、何度か取材した週刊誌記者によると「当時、岡田さんには家族にも見せていない日記のようなノートが残されていて、そこには死に至った交際相手について赤裸々に綴られていたという話があり、長くその相手の名前だけでも聞かせてもらえないかとうかがっていた」という。

 あるときは酒の席で相澤会長に突っ込んだが「どんなに酔っていても、その話になると『その話はやめてくれ』の一点張りで、教えてもらえなかった」という。

「でも、当時取材した芸能リポーター(故人)からは、日記自体の存在を会長が認めた話も聞きましたし、日記の最期の言葉が“さようなら”だったということも分かっています」(同)

 岡田さんの自殺でこれまで取り沙汰されたのは、俳優・峰岸徹との関係だが、峰岸本人は記者会見を開いてまで「岡田さんと交際していた事実はない」と否定。記者間では「峰岸さんが誰かをかばっているのではないか」という説もあった。

「峰岸説が消えたわけではないんですが、一部記者がつかんだところでは神田正輝という話もありました。女好きの神田が松田聖子と婚約、岡田さんが自殺したのは聖子の妊娠発表直後のことで、石原プロが神田の醜聞を避けて峰岸のウワサを立てたという説。その真偽はともかく、相澤会長が当時のことは一切語りたがらないので、何かあったのは間違いないんでしょう」

 こう話す記者の取材では、当時の岡田は「くちびるNetwork」などの大ヒットで人気は絶頂だったが、酒井法子ら続々と後輩のデビューがあって、将来の路線について悩んでいたとの関係者証言もあったという。

12

サンミュージック故・相澤秀禎会長が、最期まで守り通した岡田有希子さんの“日記ノート”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ドッキリの教科書になったワケ

 放送作家の深田憲作です。 「企画倉庫」とい...…
写真
インタビュー

「行くぞ、てめぇら!で行けなかったんです」

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真