日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > メンエグのドイヒー企画
珍バカライター・北村ヂンの「メンズファッション誌・激ヤバ企画ランキング」

メンエグのドイヒー企画ここに極まれり!「“セックスの輪”テレフォンショッキング」

mensu0610.jpg

 もう梅雨入りしたはずだってのに全然雨も降らないし、暑い日が続いてますが、みなさんお元気でしょうか? ボクの家では早くも扇風機&クーラーがガンガン稼働中です。……ただ、しまい時を逃したせいで、いまだにこたつも設置したまんまなんですけど。コレ、頭おかしい人の家だよ。

 さて、今回もメンズファッション誌にはアツイ特集がてんこ盛りです。やっぱり夏が近づくとエロ企画も増えてきますよね。

【5月のメンズファッション誌・激ヤバ企画ランキング】

1位「全て見せますヤレてる男のチン活」(「men’s egg」7月号)
2位「初H完全タイムテーブル」(「キラリ!」7月号)
3位「ボク、ブサイクだけど意外にモテちゃってNo.1な男物語」(「MEN’S KNUCKLE」7月号)

■ブサイクが女心をゲットする方法とは?

 ちょっと行き過ぎたストリート・スナップのキャッチが印象的なミリオン出版の「MEN’S KNUCKLE」とリイド社の「Men’s SPIDER」。まずは、今月も両誌のキャッチを比較していきましょう。

 それでは最初はメンナクから。

「サングラスの男、ジーンズメイトから来襲!」(オシャレなのかダサイのかよく分からないキャッチフレーズですが、この人、ジーンズメイトの店員さんらしいです)
「書道と鍵盤の獅子王とはオレのことさ……」(ピアニストらしいので「鍵盤」は分かるのですが、書道をやっているかどうかは不明)
「アメリカナイズされたフェロモンは女子ウケ鬼鉄」(「鬼鉄」ってなんだよ? と思って調べてみたら「鬼鉄板」のことみたいです)

 続いてメンスパ。

「流行の終着駅にはオレの名が刻んである」(流行に乗り遅れてるってことなんじゃ……)
「女を口説くのにテレパシーを使っていいかな」(みんな!エスパーだよ!?)
「オレの歴史を教科書に載せるべきだね」(新しい歴史教科書をつくる会か!)
「おい、目が合ったな!! オレが好きなんだろ?」(勘違いした童貞の発言としか思えません)
「切れたナイフは誰の生き方にも染まらない」(「切れたナイフ」って、高校時代の出川哲朗のあだ名でしょ?)

 うーん、やっぱりメンスパのほうがノリにノッている感じがします。さらにメンスパには、今回もリアルな子どもが登場していますよ。

「もうキッズじゃない、生きる道を見つけたぜ」(職業「ピカピカの1年生」)
「艶男の英才教育は、いつかボクの財産になる」(職業「4歳児」)

 V系、ホスト系の格好をムリヤリさせられた子どもがビミョーなポーズで写真を撮られているんですが、こんなの将来、確実に黒歴史になること間違いナシ。やめときゃいいのにねぇ。

 さて、ストリート・スナップのキャッチではメンスパのほうにイキオイを感じましたが、最も気になった特集はメンナクの「ボク、ブサイクだけど意外にモテちゃってNo.1な男物語」です。

mennaku0610.jpg

 要は、ブサイクでもブサイクなりのテクニックを駆使すればカワイー(はあと)彼女を作れる! という内容なんですが、素人が顔出し、名前出しで「ブサイクなボクがどうやって女心をゲットしたのか?」を語っているってのがスゴイ。基本的にイケメンばかりが載っているファッション誌に「ブサイク代表」として登場するなんて、多少ギャラをもらえたとしても絶対にイヤだけどなぁ……。

 ちなみに、どーやってブサイクが女心をゲットするかというと「とにかく清潔感を保ってマメに気を遣う」とのこと……ザ・普通! そもそもボクからすると、この企画に登場している「ブサイク」たち、大してブサイクじゃないんですよ。本気のブサイク業界、なめんなよ!

123
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真