日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 震災描くあまちゃんに懇願の声

「震災を描かないで!!」“東京編”開始の『あまちゃん』に叫ばれる懇願の声

ama_0620.jpgNHK『あまちゃん』公式サイトより

 「日本の朝が明るくなった!」と評判の連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)。ヒロインのアキ(能年玲奈)が、母の故郷で一人前の海女になるため奮闘しているうちに、地元で人気者となる「北三陸編」がいよいよ終了。6月24日からは、アキがアイドルを目指して上京する「東京編」がスタートする。

 ヒロインがアイドルに目覚め始める第11週(6月10~15日)の週間最高視聴率は、22.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と過去最高を記録。折り返し地点にきて、ますます盛り上がりを見せている同作だが、視聴者からある声が急増しているという。

「『震災を描かないで!』という“待った”の声です。放送前から東日本大震災を描くことは発表されていましたが、いよいよ震災が描かれる「東京編」が始まるということで、『北三陸の人たちはどうなっちゃうの!?』と気が気でない人が増えてきたのでしょう。中には『国営放送だから、署名を集めればどうにかなるかも』なんて言っている人もいるみたいです。特に高齢の方なんかは、アキのことを孫でも応援するような気持ちで見てますから、彼女が悲しむ顔を見たくないのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 『あまちゃん』の時代設定は、「北三陸編」が2008年、「東京編」は09年から始まる。ゆったりと描かれていた前編と異なり、後編は目まぐるしく展開するといい、ファンの間では、震災が描かれるのは8月末から9月頭頃の放送分だと予想されている。

 舞台となっている久慈市は、実際に震災の被害があった地域。沿岸部に住む登場人物たちに、何も被害が及ばないとは考えにくいだろう。

「5月の時点で、撮影スタジオの見学に行くと、セットに『節電しています』などの貼り紙がそこら中に貼られていたようで、ドラマファンの間では早くもしんみりとした空気が漂っていたようです。しかし、脚本家の宮藤官九郎さんもこのドラマで東北を元気にしたいとおっしゃってますし、インタビューなどを見ても、震災の惨さや悲しさを描こうとはしてないようですから、震災の描写を心配されている方も、もう少し気楽に見てもいいのではないでしょうか?」(同)

 クドカンは、フィクションの中に実際の大きな出来事をどう盛り込んでくるのか、注目が集まりそうだ。

最終更新:2013/06/20 16:30

「震災を描かないで!!」“東京編”開始の『あまちゃん』に叫ばれる懇願の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

光浦と大久保、コンビ芸人の時間の積み重ね

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

奥山和由が語る「女優たち」

「日本の朝が明るくなった!」と評判の連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)。ヒロインのア...
写真