日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 2冠王に挑む村田諒太の勝算は

プロデビュー戦に現役2冠王者を選んだボクシング五輪金・村田諒太の“勝算”

WS000376.JPG『101%のプライド』幻冬舎

 ロンドンオリンピックのボクシング競技ミドル級で金メダルを獲得し、プロテストに合格していた村田諒太が、8月25日にデビュー戦で現日本スーパーウェルター級王者・OPBF東洋太平洋ミドル級王者の柴田明雄と対戦することが決まった。階級は本来のミドル級リミットより400グラムあまり重い73kg契約だが、アマチュア時代75kgリミットで戦っていた村田にとっては、今までより厳しい減量が必要となる。

「デビュー戦で現役王者に挑戦するケースは極めて珍しく、90年代後半に石原(英康=元OPBF東洋太平洋王者)が日本フライ級王者のスズキ・カバトから大金星を挙げたのが記憶にあるくらい。それくらい“非常識”なことではありますね」(専門誌記者)

 だが、五輪のボクシングでの金メダル獲得という事実もまた、史上2人目という“常識外”の実績。村田にかかる期待がそれだけ大きいということだろう。実際、プロではデビュー戦となるこの試合での、村田の勝算はどれくらいなのだろうか。

「村田が五輪に出発する前、プロアマ交流の一環で柴田とスパーリングをしたことがあったんです。その際には、村田が主導権を握っていた。村田はプロテストでもトップランカーの佐々木左之介と互角以上のスパーリングをしていますし、プロの世界でも国内トップレベルの実力があることはすでに証明されています。一方で、期待を集めたトップアマがプロ叩き上げの選手に潰される例も、いくらでもあるのがこの世界です」(同)

 村田が一気に突き抜けるか、柴田がプロの洗礼を浴びせることになるか、いずれにしろ8月25日のリングからは目が離せない。

最終更新:2013/07/04 20:00
こんな記事も読まれています

プロデビュー戦に現役2冠王者を選んだボクシング五輪金・村田諒太の“勝算”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

宇崎竜童、代表作を語る

ロンドンオリンピックのボクシング競技ミドル級で金メダルを獲得し、プロテストに合格していた...
写真