日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 橋本愛の態度が悪すぎて…!

「ヤンキー役が“本性”!?」『あまちゃん』橋本愛 イベントでの態度が悪すぎて……

rwfggergaqe.jpg橋本愛オフィシャルブログ「AI HASHIMOTO」

 高視聴率を記録するNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で、ヒロインの能年玲奈の盟友役を演じる橋本愛が、3日の劇中のラストシーンで突如、グレたヤンキーの姿となり視聴者を仰天させた。だが、同日に登場したイベントでも、ふてくされた態度で集まった報道陣を仰天させてしまったのだという。

 各スポーツ紙などによると、橋本はかわいらしい浴衣姿でコンタクトレンズのPRイベントに登場。中学生の時からコンタクトを使用しているというが、「最初は医者に『(目に)ゴミを入れてるのと一緒だよ』って脅されたのでマイナスからのスタートだった」と、スポンサーの目の前で仰天発言。

 また、登場したCMで歌声を披露しているが、司会者から「歌が印象的でした」と水を向けられると「歌ってないですよ。セリフだったので。全部」「かわいい人形でいようと思ってやった」など、往年の“エリカ様”こと沢尻エリカがブチかました「『別に……』発言」をフラッシュバックさせるような不機嫌ぶりだったという。

「まるであのヤンキー姿が“本性”じゃないかと思えたほど、態度が悪かった。スポンサーサイドや事務所関係者は、会場の隅で凍り付いていた」(取材した記者)

 イベントについて報じた東京スポーツに対し、所属事務所は「公の場に出ると緊張するタイプ」「本人にまったく悪気はない」などと説明し擁護したが、すっかり“本性”がバレてしまったようだ。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed