日刊サイゾー トップ > その他  > ドコモツートップ明暗でスマホは…

ドコモのツートップ、セールス明暗に見る、高機能ミドルサイズ・スマホ普及の予感

 サイゾーのニュースサイト「Business Journal」の中から、ユーザーの反響の大きかった記事をピックアップしてお届けします。

■「Business Journal」人気記事(一部抜粋)
トヨタも迷惑、トヨタへの天下りが夢だった「小物経産官僚」の巧みな権謀術数
就活後ろ倒し、損/得する学生は?「学業は就活に無意味」はウソ?失敗避ける対策も
ウェブカメラを乗っ取り「女性の尻」画像販売! PCやスマホ乗っ取りの驚異

■特にオススメ記事はこちら!
ドコモのツートップ、セールス明暗に見る、高機能ミドルサイズ・スマホ普及の予感 – Business Journal(7月5日)

 Androidスマートフォン(スマホ)は、今年春モデルあたりまではトップモデルだけが注目される状態だった。トップモデルは当然、最速レベルのCPUを搭載し、それ以下のラインアップはCPUの非力さにより、操作の快適性などで劣ることが多かった。そんな流れが変わり、今年夏モデルではメジャーメーカーのほとんどが、トップモデルだけでなくミドルサイズでも高速なクアッドコアCPUを搭載して快適性をアップした。

 その背景には、世界のスマホメーカーにCPUを大量供給するクアルコム社の供給力の改善もあるが、それ以外にマーケティング的な理由もありそうだ。

●ガラケーユーザーに5インチディスプレイはなじまない?

 以前はある程度快適に操作できるAndroidスマホが欲しければ、クアッドコアCPUを搭載したトップモデルを購入するしかなかった。最近のトップモデルは大画面化が進み、5インチフルHDのディスプレイがポピュラーだが、その大きさゆえの持ちにくさを嫌う人も少なくない。情報が見やすい、多くの情報が表示できるという大画面ディスプレイも、万人受けするものとは限らないわけだ。

 そんななか、日本ではそろそろガラケーを使っている人々の買い替えサイクルにマッチしたモデルを用意する必要があるタイミングになってきた。スリムなガラケーを使っている人が持ちやすく、無理なく移行できることを考えると、メーカーもミドルサイズの持ちやすいスマホに力を入れざるを得ない。

●高性能を凝縮しているミドルサイズモデル

 そして、今年夏モデルでは国内メーカーは4~4.7インチレベルのミドルサイズスマホに高速なCPUを搭載し、高機能なモデルを投入してきた。例えば、ソニーは約4.5インチのXperia Aを、パナソニックは約4.7インチのERUGA Pを投入している。また、海外メーカーのLG電子も、約4.5インチディスプレイを搭載したミドルサイズのOptimus it L-05Eを投入している。

Xperia AX
Optimus it
ERUGA3

 これらの特徴は、トップレベル並みの性能とエッセンスを凝縮したようなミドルサイズのモデルだということだ。サイズが落ちれば性能も劣るという、かつてのAndroid端末の状況とは異なり、トップモデルと変わらないパフォーマンスで持ち運びやすくなっているわけだ。

●ドコモツートップに見る、2つのマーケットのパワーバランス

 そうした視点で見ると、NTTドコモの「ツートップ」も単純にトップモデルとミドルサイズそれぞれにおける、代表的な高機能機種というような意味合いとも考えられる。

 GALAXY S4は5インチディスプレイを搭載したトップモデルだが、Xperia Aは約4.5インチのミドルサイズでありながら、クアッドコアCPUを搭載した新世代のミドルサイズモデル。ドコモはこの2機種によって、大画面でハイパフォーマンスを求める人、扱いやすいモデルを求める一般ユーザーをカバーしようとしたわけだが、結果として、Xperia AはGALAXY S4の約2倍のセールスとなっており、多くの人々はミドルサイズを求めた。

 これはスマホが一般的になり、一般ユーザーがボリュームゾーンになる時代が来たことを表しているのかもしれない。一般ユーザーにとっては、「ミドルサイズに注目すべき」という状況になったわけだが、逆にハイパフォーマンスモデルはより差別化を求めて、6インチなどに大画面化して進化する可能性もありそうだ。
(文=一条真人/フリーライター)

■おすすめ記事
トヨタも迷惑、トヨタへの天下りが夢だった「小物経産官僚」の巧みな権謀術数
就活後ろ倒し、損/得する学生は?「学業は就活に無意味」はウソ?失敗避ける対策も
ウェブカメラを乗っ取り「女性の尻」画像販売! PCやスマホ乗っ取りの驚異
ワタミ過労死社員遺族、渡邉元会長公認撤回要請に自民党は“抗議者”扱い「入らないで!」
維新の会より出馬のアントニオ猪木、原発推進派からトンネル会社経由で1億円ギャラ疑惑

最終更新:2013/07/06 14:00
こんな記事も読まれています

ドコモのツートップ、セールス明暗に見る、高機能ミドルサイズ・スマホ普及の予感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

岩井ジョニ男インタビュー!

 いま「おじさん」は、かつてないほど苦境に立たされている。ズレた発言、ズレたLINE...…
写真