日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > 不倫・和田監督のお相手は厄介?

「筋が悪すぎる!?」阪神・和田監督の不倫スキャンダルに、メディアが及び腰なワケとは

wadayutaka0710.jpg阪神タイガース オフィシャルサイトより

 8年ぶりのリーグ優勝を目指すペナントレースの最中に、阪神・和田豊監督の不倫スキャンダルが露見した。4日発売の「週刊新潮」(新潮社)が報じているもので、お相手は松田聖子のモノマネで知られるタレントの星奈々。同誌では、星本人が和田監督との7年間の不倫関係を赤裸々に語っている。


 出会いは和田監督が1軍打撃コーチだった2003年冬で、阪神がリーグ優勝を果たした05年10月に初めて肉体関係を持ち、同12月のハワイ優勝旅行にも同行。だがその後、不貞行為が和田監督の妻にバレ、2人の関係は消滅。その際、星が和田監督に数千万円の“手切れ金”を要求したが、同監督は弁護士を通じて支払いを拒否したと伝えられている。

 これを受けて和田監督は「シーズンの大切な時期に、一個人のことで一部週刊誌をにぎわせてしまい、関係者、ファンの皆様には大変申し訳なく思っております」と球団広報を通じてコメント。四藤慶一郎球団専務は「プライベートなことなので、球団としてはコメントすることはありません。球団として関係者に自覚を持った行動をさせることを徹底させていきます」と再発防止に努める考えを示した。

 だが、翌日のスポーツ紙を見てみると、事実関係については報じているものの、露骨な和田バッシングは見受けられなかった。阪神は巨人と違い、マスコミ規制は緩く「事実なら仕方がない」という関西ノリ。もっと批判されてもよさそうなものだが……。

「もちろん和田監督が悪いのはわかってますよ。ただ、それよりも今回のネタは業界的に言うと『筋が悪い』んです。星の交友関係を調べると、怪しげな人やカタギでない人の名前も出てくる。新潮の記事を使って、星のバックにいる人物が和田監督に金銭を要求しているとも考えられる。そうなった場合、マスコミ的には“乗っかる”わけにはいかないんです」(テレビ関係者)

 阪神担当記者の間では、この案件は「取り扱い注意」に指定されているという。不倫告白後には、星のウィキペディアが荒らされていることも発覚。星のプロフィールは何者かによって「東京都出身の恥知らず寄生虫」「銭金欲しさに既婚男性に近づき養分を吸い取る、芸風同様にプライベートでも寄生虫そのものの生き様である」などと書き込まれた。

“触らぬ神にたたりなし”ということか……。

最終更新:2013/07/10 12:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed