日刊サイゾー トップ > 芸能  > 市民ランナーがタレントに転身?

“市民ランナー”川内優輝にTBS『感謝祭』マラソン→タレント転身のウワサ

kawauchiu0712.jpg日本陸上競技連盟公式サイトより

 市民ランナーからタレントへ転身――? 7月7日、オーストラリアで開催された「ゴールドコーストマラソン」に出場、2時間10分1秒の大会タイ記録で優勝した川内優輝が、早ければ年内にもタレントに転身するのではないかとのウワサが浮上している。

 マイペースな調整を続けている川内は、8月にモスクワで開催される世界選手権のマラソン日本代表に決定しているが、その1カ月前に“賞金レース”である「ゴールド~」に参加。結果は新記録更新まで1秒足らず、5000豪ドル(約47万円)を獲得できず唇を噛んだが、川内の市民マラソン大会を最重視する試合選びに、関係者の表情は固い。

「8月の世界選手権の日本代表である自覚を持ってもらいたい。海外レースに参加し、体調を壊したり、トレイルラン(山岳競争)やウルトラマラソン(全長50キロを超えるマラソン)に出場し、無理に上位入賞にこだわった結果、故障でもしたらどうするのか。趣味で走るのは大いに結構だが、世陸(世界選手権)が終わってからでも十分走れるだろう。この時期は練習面よりも、体調面を重視すべきなのだが……」

 その川内をめぐって今、周囲が騒がしい。8月の世界選手権終了後に、川内は「プロの市民ランナー」になるとウワサされているからだ。

「今、全国で開催されているマラソン大会は、年間1000~2000といわれている。毎週末全国で30~40の大会が開催されています。現在でも川内はゲストランナーのオファーは毎月10件程度あるそうですが、彼は公務員ということで副業が制限される立場にある。彼が参加したいと思っている大会については、埼玉県も寛容な姿勢を見せていますが、8月以降はオファーの数が倍増必至、県が把握しきれない状態になる」(マラソン雑誌編集者)

 公務員ランナーである川内にとって、ネックは公務員法にある「副業の禁止」。2011年の「東京マラソン」で日本人トップとなった川内は副賞のBMWを獲得したものの、くだんの公務員法に抵触することから無償寄付。「現金での収入については県が特別に認めているので、最近では『賞金レース』に積極参加している」(スポーツ紙記者)のだという。

「最近、ウワサされるのが、ランナータレントへの転身。そうすれば、ゲストランナーフィーが高騰し、それだけ生活できる。ボクシングの亀田三兄弟のように、兄弟で売り出す話も出ているとか」(同)


12
こんな記事も読まれています

“市民ランナー”川内優輝にTBS『感謝祭』マラソン→タレント転身のウワサのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

市民ランナーからタレントへ転身――? 7月7日、オーストラリアで開催された「ゴールドコー...
写真