日刊サイゾー トップ > 芸能  > 【あまちゃん】ツートップに明暗

『あまちゃん』ツートップに明暗!“熱愛・不機嫌”で急降下の橋本愛、能年玲奈は……

ama0714.jpgNHK連続テレビ小説『あまちゃん』

 いま最も注目されている女優といえば、NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』に主演する能年玲奈と、その親友を演じる橋本愛だろう。2人は先日オリコンが発表した「2013年上半期に最もブレイクしたと思う女優」ランキングで、ワンツーを独占。1位は能年で「素朴でかわいらしところがいい」(埼玉県/10代/女性)や「初々しくかわいらしい演技は最高。間違いなく売れっ子になる!」(北海道/40代/女性)と大絶賛。2位の橋本も「美少女で存在感があり、大物の素質がありそう」(東京都/40代/女性)など、評価はうなぎ上りだ。


 だが、ネット上の評価は対照的。スキャンダル処女の能年に比べ、橋本は、俳優の落合トモキとの熱愛報道や、先日行われた商品発表会での不機嫌対応などで株を下げてしまった。

 特に落合との熱愛では、未成年でありながら深夜まで遊び回り、最終的には落合の自宅に“チェックイン”したというから、男性ファンがショックを受けるのも無理もない。

「途中に寄ったバーでは、未成年飲酒疑惑もウワサされています。ネット住民は“穢れなき”アイドルを求めるもの。裏切られた時、それまでの愛が憎しみに変わることもあります」(アイドルオタクの男性)

 事実、橋本に関する書き込みはこのところ辛らつさを増し、とても17歳の女性に向ける言葉ではないお下劣なワードも飛び交っている。一方、能年はオタク層のハートを掴んで離さない。公式プロフィールによると、趣味は「ギターを弾くこと、読書、アニメ鑑賞」。所属事務所がオタク受けを狙ってアニメ趣味をアピールしたことも考えられるが、いまのところ“本物”である可能性が高い。

 一昨年の5月にはファンから「能年さんのおすすめアニメ教えてください」と質問され、彼女は「『GOSICK』が好きです。あと今期始まった中ではノイタミナ枠の、『あの花(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。)』もすごく良いんですが! あとは、新シリーズの『イナズマイレブンGO』……『日常』……『TIGER&BUNNY』……でも……やはり食い込んでくるのは再開した『銀魂』ですよね…!」とコメント。これにオタク系男子が歓喜したことは言うまでもない。

 腐女子人気の高い作品も挙げているため、BL(ボーイズラブの略)好きの可能性も指摘されている。加えて、男性の陰を感じさせないことからネット上では「能年ちゃんだけは処女!」の大合唱。

 男子人気では、能年の圧勝に終わりそうだ。

最終更新:2013/07/14 11:00
こんな記事も読まれています

『あまちゃん』ツートップに明暗!“熱愛・不機嫌”で急降下の橋本愛、能年玲奈は……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

“変態紳士”高嶋政宏、降臨!

いま最も注目されている女優といえば、NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』に主演する能年...
写真