日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 禁断の山P“生尻”解禁へ?

山下智久主演『SUMMER NUDE』が視聴率急降下で、禁断の“山P生尻シャワーシーン”投入へ!?

SUMMER-NUDE00724.jpgフジテレビ『SUMMER NUDE』公式サイトより

 山下智久主演のフジテレビ系“月9”ドラマ『SUMMER NUDE』が、早くも低迷の兆しを見せている。

 8日放送の初回視聴率は17.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)とまずまずのスタートを切ったが、続く15日放送の第2話で12.8%まで急降下。同局関係者は「今後さらに下がる可能性もある。シャレになりませんよ」と大慌てだ。


 物語は夏のある日、料理人の千代原夏希(香里奈)が結婚を目前に控えた恋人にフラれる瞬間を、カメラマンの三厨朝日(山下)が偶然“激写”したことから始まる。朝日も3年前に突然去った恋人の存在を引きずっており、心に傷を負ったもの同士が急接近。そこへ高校時代から朝日に恋心を抱く後輩、谷山波奈江(戸田恵梨香)が現れ、3人の複雑な恋模様を描いていく。

 山下は役作りのためプロのカメラマン修業を敢行。見どころについても会見で「フジの月9、ラブストーリーという伝統ある内容なので、キュンキュンするようなラブストーリーを届けられるように頑張ります」とアピールしていたが……。

テレビウォッチャーいわく「確かに夏らしいドラマなのですが、反町隆史さんと竹野内豊さんのコンビで1997年に放送された『ビーチボーイズ』(同)の二番煎じに見えてしまうんですよね。そこを狙ったフジのしたたかさも見え隠れする。正直、感情移入できません」。

 そこでスタッフの間では、ある作戦が練られているという。

「山Pの“ヌード”ですよ。海を舞台にした作品だけに、上半身裸は想定の範囲内。さらにもうひと声、山Pを後ろから狙ったシャワーシーンの投入も計画されているそうです。彼は筋トレが趣味で、自分の肉体には自信を持っている。あとは事務所のOKだけですが、“低視聴率男”とバッシングを受けるくらいなら、実現に踏み切る可能性もあるとみています」(ドラマ関係者)

 イケメンの“裸体”で視聴率をかっさらった例でいえば、前クールの『ラスト・シンデレラ』(同)が記憶に新しい。同作では三浦春馬がそれまでの清純派の殻を破り、濃厚な濡れ場やパンイチ(パンツ一丁)姿を披露し、女性を中心に大きな話題となった。

「NHK大河ドラマ『八重の桜』でも、西島秀俊さんのマッチョな上半身が話題となったほど。いまは空前のイケメンヌードブームなんです。山Pなら言うことないでしょう」とは前出テレビ関係者。

 今度は『ラスト・シンデレラ』の二番煎じと言われそうだが、背に腹は代えられないということか……。

最終更新:2013/07/24 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

松本人志訴状のツッコミどころ

今週の注目記事・第1位「『岸田の金庫番』総理...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真