日刊サイゾー トップ > 芸能  > ASKAの異変を察したタモリ

「タモリはASKAの異変に気付いていた!?」チャゲアス・ASKA“覚せい剤中毒”報道で、つながる点と線

chageasu.JPGBlu-ray『CONCERT MOVIE GUYS』(ユニバーサル シグマ)

 人気ユニット・CHAGE and ASKAのASKAが重度の覚せい剤中毒状態にあると、1日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じた。これを受け、ファンの間では12年前にテレビ出演したASKAの様子が「確かにおかしかった」と指摘する声が上がっている。

 「シャブ&飛鳥の衝撃」という見出しが打たれた文春の記事によると、ASKAは重度の中毒状態で、吸引現場を盗撮したビデオが存在するといい、記者による直撃インタビューに対してASKAが支離滅裂に応答する様子も生々しく記されている。

 問題の番組は、2001年8月8日にASKAが出演した『笑っていいとも!』(フジテレビ系)内の人気コーナー「テレフォンショッキング」。司会のタモリが、レコーディング中だというASKAに、「顔、ちょっとやつれてるけど大丈夫? そんなにつらいの? レコーディング」「ほっぺた黒いよ」「痩せた痩せた、痩せてるし、やつれてるよ」「色が黒いよ、ほっぺた。『ここ(頬)の髭剃った?』みたいな感じになってる。相当苦労してるね」「寝ないの? 食べないの?」と異変を執拗に指摘しているのだ。

 この映像は現在、動画サイトに上がっており、閲覧者からは「勘の鋭いタモリは、ASKAの異変に気付いている」「もしかして、薬やってることを疑ってる?」という声のほか、ASKAの滑舌の悪さや、ぶっきら棒な口調に驚きの反応も。

「ASKAさんは、87年頃に元アナウンサーの女性と結婚し、89年に家族でロンドンに移り住みました。文春の記事によると、この海外移住をきっかけにドラッグを経験したとありますから、『いいとも』と時期のつじつまも合います。まだ疑惑にすぎませんが、彼にクリーンなイメージを持っていた多くのファンは、相当ショックを受けているようです」(芸能誌記者)

 報道を受け、所属事務所やレコード会社は、今後どんな対応を見せるのだろうか? 古くからの熱狂的なチャゲアスファンたちも、気が気でないだろう。

最終更新:2013/08/02 19:14
こんな記事も読まれています

「タモリはASKAの異変に気付いていた!?」チャゲアス・ASKA“覚せい剤中毒”報道で、つながる点と線のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

“二番手芸人”かまいたちの野望

人気ユニット・CHAGE and ASKAのASKAが重度の覚せい剤中毒状態にあると、1...
写真