日刊サイゾー トップ > 芸能  > あゆ、手ブラヌード披露も脱ぎ損

「手ブラヌード披露も、脱ぎ損に……」浜崎あゆみを襲った“「AneCan」と丸かぶり”の悲劇

tebura0807.jpg[左]「Majesty JAPAN」9月号(大誠社)、[右]「AneCan」9月号(小学館)

 歌手の浜崎あゆみ(34)が、7日発売の女性ファッション誌「Majesty JAPAN」(大誠社)9月号の表紙で、“手ブラ”の上半身ヌードに挑戦している。浜崎が雑誌でセミヌードを披露するのは、2010年の「ViVi」(講談社)以来、約3年ぶりだという。

 同誌では、表紙と中ページで、すべて体の左側から撮られた5点の手ブラ写真を掲載。ファンにはおなじみの右肩辺りのタトゥーは見えないものの、腰からお尻にかけて入れていると思われる、鮮やかな蝶やリボンのモチーフのタトゥーを、デニムからチラ見せしている。

 インタビューページは、「15年という長きにわたって、トップアーティストとして君臨し続ける」(文中より)彼女を盛り立てる内容。「仕事中心すぎてプライベートでの10代、20代はこうだっていう思い出はほぼない」「今までが、とりあえず帰宅したら『明日は何時?』って確認して、終わりの時間は聞かない。そういう生活だった」と、多忙な生活を振り返っている。

 また、34歳となり、「朝起きて友達とランチにいく、夕飯をゆっくり家で作る、のんびりテレビを観るとか、そういうことをしてみたいな」と、今後はプライベートを充実させたい思いを明かしている。

 そんな決意のヌードを披露した歌姫だが、周囲には微妙な空気が流れているという。それもそのはず、同日発売の女性ファッション誌「AneCan」(小学館)の表紙で、モデルの葛岡碧(29)が初の手ブラヌードに挑戦しているのだ。さらに、デニムのショートパンツというスタイリングまで共通している。

 葛岡は、「Ray」(主婦の友社)の専属モデルなどを経て、2011年から「AneCan」に登場した人気モデル。これまでも、押切もえなどと同誌の表紙を飾ってきたが、単独表紙はこれが初めてとなる。

 20万部近い発行部数を誇る「AneCan」だけに、やはり注目度は高いようで、発売前から各スポーツ紙などが、「葛岡碧、一歩踏み出した!」「葛岡碧がすっぴんでセミヌードに挑戦」といった見出しでこぞって取り上げている。


12

「手ブラヌード披露も、脱ぎ損に……」浜崎あゆみを襲った“「AneCan」と丸かぶり”の悲劇のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

東海テレビが記録映画を作るワケ

歌手の浜崎あゆみ(34)が、7日発売の女性ファッション誌「Majesty JAPAN」(...
写真