日刊サイゾー トップ > 芸能  > サザンの新曲が政治色全開で……

“政治色”の強さが仇に!? サザン復帰作「ピースとハイライト」の売上枚数が……

sazan0808.JPGサザンオールスターズ公式サイトより

 5年ぶり54枚目のシングル「ピースとハイライト」(ビクターエンタテインメント)を7日に発売したサザンオールスターズが、“フラゲ日”の6日付「オリコンCDシングルデイリーランキング」で、初登場1位を獲得したことが分かった。推定売上枚数は8万8,615枚だという。

 ちなみに、同日発売で、サザンとの“復帰作対決”が注目されていた赤西仁の「HEY WHAT’S UP?」(ワーナーミュージック・ジャパン)は、初動7万3,856枚で、3位。2位は、韓流グループ・超新星の「WINNER」(ユニバーサルJ)で、8万913枚だった。

 ポスターやライブ抽選券などさまざまな特典を付けた赤西や、握手会参加券やバックステージ招待スクラッチカードなどが封入された超新星のシングルに比べ、シンプルにおまけの違う3形態で勝負したサザン。発売前には「サザンがAKB商法にひれ伏すか!?」との声も出ていたようだが、やはり日本が誇るビッグバンドらしい結果で落ち着いたようだ。

 しかし、サザンの初動枚数について、ファンの間で不穏な空気が漂っているという。活動休止前の2008年にリリースした、前作「I AM YOUR SINGER」は、初動30万枚超えを記録。総売上枚数52万枚を突破し、年間売り上げランキング3位を獲得している。

 この華々しい休止前と比べてしまうと、CDが売れない時代の流れを差し引いても、サザンが8万8,615枚とは、少々寂しい気も……。

「『ピースとハイライト』の歌詞は政治色全開なため、以前からファンの間で物議を醸していた。領土問題を思わせる歌詞から始まり、歴史教育問題に触れ、桑田(佳祐)さんの政治への憤りや提案が強く込められている。桑田さんの“明るくエロい部分が好き”というファンからの中には、『ライブは行くけど、新曲は買わない』という人も多いそうです」(芸能誌ライター)

 「何気なく観たニュースで お隣の人が怒ってた」という歌い出しで始まる『ピースとハイライト』を引っ提げ、今月10日から8年ぶりのスタジアムツアーをスタートさせる、サザン。今のところ2位の超新星と大差はないようだが、ウィークリーチャートでも首位となるだろうか?

最終更新:2013/08/08 18:08
こんな記事も読まれています

“政治色”の強さが仇に!? サザン復帰作「ピースとハイライト」の売上枚数が……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

5年ぶり54枚目のシングル「ピースとハイライト」(ビクターエンタテインメント)を7日に発...
写真