日刊サイゾー トップ > その他 > ウーマン・ウェジー  > 押切もえの「自分磨き」がイタい

正論すぎてツライ、押切もえの「ポジティブ自分磨き」志向

女性向けWebサイト【messy】オープン記念とって出し!

全部読む

oshikiri0811cyzo.jpg押切さんプロデュースの投資型マンションは即完売!

「なれるものなら押切もえ!」

 蛯原友里(33)、山田優(29)と3人で『CanCam』(小学館)の看板モデルを務め、「なれるものなら押切もえ!」と特集を組まれるほど人気を博した押切もえ(33)。現在も『AneCan』の専属モデルとして活躍している。タレント・モデル業だけでなく、7日には初の小説『浅き夢見し』も上梓した。

 この小説の主人公は、25歳の全く売れないモデル・瞳。高卒のフリーターで、埼玉の実家に暮らし、モデル仕事はほとんどないうえオーディションも落ち続けているため、スーパーでバイトをして糊口を凌いでいる。おまけに「業界の悪徳プロデューサー」であるオヤジに騙されて体を奪われそうになり、所属事務所もクビになってしまう。

 そもそも主人公は、思い通りにいかない人生を他人のせいにして、ただ何となく日々を生きる消極的な女性だった。25歳にしては幼すぎる態度や発言も目立つ……

つづきを読む

最終更新:2013/08/11 14:00

正論すぎてツライ、押切もえの「ポジティブ自分磨き」志向のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

バイきんぐ西村の本当の“すごみ”

「キングオブコント2012」で優勝。無名のコンビは一夜にしてその名を世間に轟かせた。...
写真