日刊サイゾー トップ > その他 > ウーマン・ウェジー  > 押切もえの「自分磨き」がイタい

正論すぎてツライ、押切もえの「ポジティブ自分磨き」志向

女性向けWebサイト【messy】オープン記念とって出し!

全部読む

oshikiri0811cyzo.jpg押切さんプロデュースの投資型マンションは即完売!

「なれるものなら押切もえ!」

 蛯原友里(33)、山田優(29)と3人で『CanCam』(小学館)の看板モデルを務め、「なれるものなら押切もえ!」と特集を組まれるほど人気を博した押切もえ(33)。現在も『AneCan』の専属モデルとして活躍している。タレント・モデル業だけでなく、7日には初の小説『浅き夢見し』も上梓した。

 この小説の主人公は、25歳の全く売れないモデル・瞳。高卒のフリーターで、埼玉の実家に暮らし、モデル仕事はほとんどないうえオーディションも落ち続けているため、スーパーでバイトをして糊口を凌いでいる。おまけに「業界の悪徳プロデューサー」であるオヤジに騙されて体を奪われそうになり、所属事務所もクビになってしまう。

 そもそも主人公は、思い通りにいかない人生を他人のせいにして、ただ何となく日々を生きる消極的な女性だった。25歳にしては幼すぎる態度や発言も目立つ……

つづきを読む

最終更新:2013/08/11 14:00

正論すぎてツライ、押切もえの「ポジティブ自分磨き」志向のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

韓国芸能界の非道な仕組み

今週の注目記事・第1位「KARAク・ハラを追...…
写真
インタビュー

瓜田純士、実父への想いを歌う

「親父、調子はどうだ?」――ユーチューバーとして、そしてミュージシャンとして精力的...
写真