日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ハロー!プロジェクト  > 二重あごの矢口、うつ病の可能性

「激太り!」「二重あご!」「新型うつ病!?」金はあるのに自宅マンションにしがみ付く矢口真里のナゼ

yaguchi0827.jpg

 不倫騒動後、都内自宅マンションで籠城生活を送る矢口真里の姿が、27日発売の「女性自身」(光文社)に掲載された。

 矢口といえば今月上旬、発泡酒やビールを買い込み、矢口宅へ届ける母親の姿が週刊誌にキャッチされ、「失意の彼女は“酒浸り”になっている」と報じられた。また別の週刊誌は、矢口が毎日のようにA5ランク近江牛の焼肉を食べているため「激太りしている」と報じたが、近影の掲載はなかった。

 今回の「女性自身」の掲載写真は、19日に母と妹との買い物帰りに撮られたもの。サングラスと帽子で顔は半分隠れているが、明らかに以前よりも太っており、“二重あご”がはっきりと確認できる。

 同誌の記者が話しかけると、矢口はかすかに笑みを浮かべながら「大丈夫です、元気です。ご心配おかけしてすみません」と話したという。

 また最近、矢口の出演交渉をしたというキー局の情報番組スタッフの証言も掲載。所属事務所からの“断りの理由”は「仕事復帰の話をすると、いつも本人が号泣してしまうため」であったことを明かした。

 このことから、同誌は「新型うつ病」の疑いを指摘。症状としては“過食”や“過眠”のほか、「他人からの忠告などには、泣きわめくなど拒絶反応をする反面、買い物など好きなことをする時はうつ症状が消える」といい、「今の彼女はまさにその状態」としている。

「もしうつ病であれば、今の引きこもり生活ではさらに悪化する可能性もある。彼女はお金もたんまりあるんですから、記者がうろつく都内を抜け出して、しばらく海外にでも行っていたほうが心身共にいいはず。しかし、彼女は頑なに実家近くのマンションを離れようとしない。旦那や彼氏を失った今の彼女にとって、肉親と一緒にいることが一番の望みのようですね」(芸能記者)

 日本中から一斉にバッシングされた、あの騒動から3カ月。彼女はいつまで、今の不健康な生活を続けるつもりなのだろうか?

最終更新:2013/08/27 16:30
関連キーワード

「激太り!」「二重あご!」「新型うつ病!?」金はあるのに自宅マンションにしがみ付く矢口真里のナゼのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディションを開催!

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

「普通ではやらない東京五輪」は人命を犠牲にする暴挙か

今週の注目記事・第1位「4歳娘と無理心中...…
写真
インタビュー

8歳から内職、経験職種は100種類…作家「爪切男」

不倫騒動後、都内自宅マンションで籠城生活を送る矢口真里の姿が、27日発売の「女性自身」(...
写真