日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 杏朝ドラ好発進も「退屈」の声

杏主演『ごちそうさん』22%好発進も「15分が退屈」「原田泰造が原田泰造にしか見えない」の声

gotisousan0912.JPGNHK『ごちそうさん』公式サイトより

 先月30日にスタートした、杏がヒロインを務めるNHK朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』の初回視聴率が、関東地区で22.0%、関西地区で18.2%(ビデオリサーチ調べ)を記録。『あまちゃん』の初回視聴率を超えただけでなく、ここ10年間の朝ドラ史上最高の数字でスタートした。

 同作は、食い倒れの街・大阪を舞台に、東京から嫁いできた卯野め以子(杏)が関東・関西の食文化の違いを克服しつつ、自ら作る料理と夫への愛情で、大正~昭和の時代を生き抜いて力強い母へと成長していく物語。

 初回~第2回では、小学1年生の洋食屋の娘・め以子(豊嶋花)が、「取れたての卵で作ったオムレツが食べたい」と学校のニワトリ小屋に侵入したほか、寺のお供え物のイチゴを盗み食いしたりと、ヒロインの生まれながらの食いしん坊ぶりが中心に描かれた。

 初週は、杏もほとんど登場せず、“プロローグ”といった様子だが、好スタートに反して評判は良くないようだ。

 「本来、朝ドラってこんな感じでしょ」「のんびり見られていい」といった意見もあるが、それより目立つのが「展開が遅すぎて、見ていて疲れる」「退屈で15分間も耐えられない」「高齢者しか見なさそう」「ドラマ全体の雰囲気が暗い」といった意見。特に前作『あまちゃん』を見ていた多くの視聴者は、テンポの違いに戸惑っているようだ。

 また、め以子の父親を演じるネプチューン・原田泰造に対し、「父親のキャラが見えない」「原田泰造は、原田泰造にしか見えない」「バラエティのイメージが強すぎて、入り込めない」と厳しい声も多い。

 さらに、初週の物語の軸となるイチゴの登場シーンでは、「明治時代に、あんなに真っ赤で、形が揃ったイチゴがあるわけがない」「キレイすぎるイチゴに興ざめした」という意見も。

「『ごちそうさん』は、『JIN-仁-』(TBS系)や、『とんび』(同)の人気脚本家が手掛ける、オリジナルストーリー。どうやらヒロインが大阪に嫁いでからの話が本筋のようですし、朝ドラは途中から視聴率が上がる傾向がありますから、今は少々だるくても、気長に考えたほうが良さそうです。とはいえ、業界内でも『面白い』という声はほとんど聞こえてこないですね」(テレビ誌ライター)

 早々と「もう見ない」「8時からは(テレビ朝日の)『モーニングバード!』を見ることにする」などといった声も噴出している『ごちそうさん』。今後、『あまちゃん』のように視聴者の心をつかむことはできるだろうか?

最終更新:2013/10/01 19:30
こんな記事も読まれています

杏主演『ごちそうさん』22%好発進も「15分が退屈」「原田泰造が原田泰造にしか見えない」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

瓜田純士の夫婦喧嘩が映画で解決!?

先月30日にスタートした杏がヒロインを務めるNHK朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』の初...
写真