日刊サイゾー トップ > 芸能  > 2匹目の『半沢』狙うフジテレビ

“2匹目の『半沢直樹』”狙うフジテレビが、原作者・池井戸潤氏に接触か

grfeqarwfeqa1023.jpg日曜劇場『半沢直樹』|TBSテレビ

 TBSドラマ『半沢直樹』の大ヒットで、フジテレビ関係者が原作者の池井戸潤氏に接触したとの話が聞かれる。

「池井戸さんにはまだ未映像化の作品がたくさんあるので、この旬な時にやれないかと探りを入れているようです。フジは視聴率争いで4位に急落して、なりふり構っていられないのでは」

 こう語る放送作家によると、フジのプロデューサーが10月上旬、池井戸氏の作品を発行した出版関係者に接触。ある作品について映像化の相談をしたという。

 ただ「池井戸作品だからといって視聴率が取れるほど、ドラマは甘くない」と放送作家。実際、『半沢直樹』と同時期に放映されていた池井戸ドラマ『七つの会議』(NHK)は、同じビジネスマンを扱った社会派作品ながら、視聴率は平均で2ケタに届かなかった。

「それよりも注目すべきはドラマ作りの手法で、『半沢直樹』は原作ありきで、後から出演者たちを決めていった昔のやり方がヒットしたんです。そういう意味では、フジがまず作品を決めてから取り掛かる流れを取り戻すなら、好ドラマができる可能性はあるでしょう」(同)

 最近のドラマは、高視聴率が見込める人気俳優を重宝しすぎる傾向から、作品以前に主要キャストと脚本家を決め、その後に物語が決められていく流れが主流となっている。

「おかげで、内容がおろそかになる傾向が続いていた。俳優の所属プロの意向で物語の内容がねじ曲げられることもよくある。それが本来のスタイルに戻るのなら大歓迎。作り手は、とにかくいいドラマを仕上げたいんですから」(同)

 ただ、フジ関係者によると「池井戸氏の作品に目をつけたとしても、ドラマのプロデューサーには常に多くの芸能プロから“○〇が今なら空いている”と、スケジュールを押さえるよう誘いの連絡が途絶えない」というから、いきなりそうした流れを断ち切るのは難しいと見る向きもある。

 いずれにしても、柳の下にドジョウが2匹いるかどうか、切羽詰まっているフジだけに「池井戸作品をまとめ買いするんじゃないか」というウワサすら聞かれる。


12

“2匹目の『半沢直樹』”狙うフジテレビが、原作者・池井戸潤氏に接触かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

御茶海マミの“リアル地下ドル”事情

TBSドラマ『半沢直樹』の大ヒットで、フジテレビ関係者が原作者の池井戸潤氏に接触したとの...
写真