日刊サイゾー トップ > 芸能  > 椎名桔平の天狗っぷりがすごい

14年ぶり主演ドラマも大惨敗……『刑事のまなざし』椎名桔平の“テングっぷり”がすごすぎた!?

813sxUqE1VL._AA1500_.jpg『刑事のまなざし DVD-BOX』(TBS)

 昨年、ドラマ『刑事のまなざし』(TBS系)で14年ぶりの主演を務めた椎名桔平。TBSでは初主演ということで注目も集めたが、平均視聴率は8.0%と惨敗を喫した。


「前クールの『名もなき毒』よりも数字が下がりましたからね。局としては、せめて2ケタは欲しかっただけに、残念です。まあ、現場の雰囲気もあんまりよくなかったみたいだし、椎名さんがうちで主演をやることは、しばらくないんじゃないでしょうか」(TBS関係者)

 実際に現場を担当していた関係者によると、椎名のテングっぷりがすごかったという。

「14年ぶりの主演ということで張り切っていたのかもしれませんが、とにかく自己中。演出家からスタッフまで、彼よりも年下の人が多かったのもあるとは思いますが、いちいち自分の要望を押しつけてくるんですよ」(ドラマスタッフ)

 通常、主演であってもカメラワークなどはスタッフに任せるものだが、椎名はことあるごとに指示を出してきたという。

「椎名さんの前に花があって、その花をアップで撮ってから、奥の椎名さんを撮るというシーンでは『なんで花を撮って、俺を撮らないんだ!』ってキレていました。確かに、花を撮ると奥の椎名さんはボケてしまうのですが、そういう演出ですからね。結局、そのシーンはなくなりました」(同)

 そういったシーンは枚挙にいとまがないという。

「ほかにも、彼がしゃべっているシーンでカメラが背後に回ると、突然しゃべるのを止めてしまうんです。みんな“セリフが飛んだのかな?”と思ったのですが、カメラが前に来るとまたしゃべりだしたので“どれだけナルシストなんだ!?”って、あきれ返っていました。もう彼とは一緒の現場になりたくない、というスタッフは多いと思いますよ」(ドラマ関係者)

 次の主演は何年後になることやら――。

最終更新:2014/01/04 11:00
関連キーワード

14年ぶり主演ドラマも大惨敗……『刑事のまなざし』椎名桔平の“テングっぷり”がすごすぎた!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

注目のバディムービー2本レビュー

 ひとりでは事件は何も起きないが、価値観...…
写真
インタビュー

コント師・ロングコートダディ

昨年、ドラマ『刑事のまなざし』(TBS系)で14年ぶりの主演を務めた椎名桔平。TBSでは...
写真