日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 復讐に燃える西川史子被害者の会
日曜になると騒ぎ出す女

「離婚キャラでいく」開き直った毒舌・西川史子に、“被害者の会”が復讐を誓っている!?

nishikawa119.jpg『女盛りは、賞味期限が切れてから』(マガジンハウス)

 女医でタレントの西川史子が11日、福祉関係の会社役員の夫との離婚を発表した。原因はよくある「価値観の不一致」で、昨年11月から別居していたという。


 翌12日に生出演したTBS系の情報番組『サンデー・ジャポン』では、夫婦生活について「私が至らなかった」「最初から合わなかった」と理想の夫婦像を追い求め、夫に押しつけすぎたことを懺悔。続けて「私、人にいろいろ言ってきた者として……」と切り出し、涙ながらに「今までの人、みなさんごめんなさい」と謝罪した。

 西川といえば、毒舌コメントで、あまたのタレントをブッタ斬ってきた。一昨年には、高嶋政伸と離婚係争中だったモデル・美元に「なんで別れてあげないの?」と追及。同年10月には、多岐川華子と離婚した仁科克基が「離婚の理由が分からない」と首をかしげると「ちょっと(一緒に)いただけでも、イラッとくる」と断罪。昨年5月には、矢口真里と中村昌也の離婚に「もともと関係は破綻してたんじゃないですか」と苦言を呈した。

 中でも最大の被害者は、ペニーオークション騒動で干されてしまった小森純だ。昨年2月に同番組に生出演し、ペニオク騒動を涙ながらに謝罪した小森に対し、西川は「テレビに出る神経も理解できないし、顔も見たくない」とバッサリ。小森はショックのあまり、その後予定されていたイベントをドタキャンした。

「小森サイドは西川の物言いに激怒。彼女のスキャンダルをかき集め、一部マスコミにリークしたほどだった。しかし、それも大した効果は得られず、現在に至る。今回の離婚は、復讐する千載一遇のチャンス。徹底的にやり返すつもりのようです」(週刊誌記者)

 すでに西川に恨みを持つ“被害者の会”の一部が、彼女の不倫疑惑や金銭トラブルを調べ上げ、マスコミにリークする準備を進めているという。「離婚キャラでいく!」と開き直っている西川だが、その前に過去の毒舌の“清算”が待っていそうだ。

最終更新:2014/01/19 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed