日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 芦田愛菜 初主演映画でSM?
天才子役の新境地

『明日ママ』騒動渦中の芦田愛菜 初主演映画にも過激すぎる場面が!?

mana_yasai129.jpg

 芦田愛菜主演ドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)騒動が収まる気配がない。日本で唯一「赤ちゃんポスト」を設置する熊本の慈恵病院や全国児童養護施設協議会の抗議に、日テレは放送を予定通り継続するとの姿勢を崩さないが、スポンサー全8社がCMの放映を見合わせるという異例の事態となっている。

 芦田演じる主人公は「赤ちゃんポスト」に置かれていたことから「ポスト」というあだ名で呼ばれ、施設の職員からは子どもたちはペット扱い。鉄拳制裁を加えられたり、里親候補に気に入られるために泣く練習を強要されたり……といった過激なシーンの数々。こうした過激な設定の背景には、芦田の子役離れした演技力を際立たせ、新境地を見せたいという制作側の狙いもあったことだろう。その天才的な演技力ゆえ、「愛菜ちゃんが、こんな難しい役を……」「愛菜ちゃんが、こんなハードなシーンを……」と狙いたくなるのは、日テレに限ったことではない。

 実は、今年公開予定の芦田初主演映画には、この『明日ママ』以上のショッキングなシーンがあるのだという。西加奈子原作『円卓』を映画化したものだが、芦田が演じるのは、大阪の団地暮らしの小学3年生「こっこ」。口が悪くて、ちょっと生意気で、元気な大阪弁の女の子だ。三つ子の姉と両親、祖父母と暮らしている。円卓で食事をするにぎやかな家庭を舞台に、家族や同級生、在日韓国人やベトナム人との交わりなどユーモアを交えて描いた、少女の成長物語である。設定だけ見ると『明日ママ』とは違い、明るい芦田を安心して見られそうな、ほのぼのとした作品に思えるのだが……。

 なんとこの原作には、主人公の少女がロリコン変質者にSMまがいの行為を強要されるという、ショッキングな展開が登場するのだ。

 物語終盤の夏休みのある日、こっこがひとりで遊んでいたときのこと。「肩ほどまでの脂ぎった髪を、真ん中でぴたりと分け」「体をくねくねと揺らした」男が、こっこの前に現れる。

 鼠人間と呼ばれるその男は「ご尊顔を踏んでくれはるのん」と、こっこに自分の顔を踏むよう強引に頼む。「こっこは恐る恐る、つまさきを鼠人間の顔に載せた」「鼠人間の目はかっと見開いたままである」

 小学3年生のこっこは理解していないと思われるが、れっきとした猥褻行為、性的虐待といっていいだろう。猥褻シーンは続き、ついにはクライマックスを迎える。

 鼠人間は「もーっとやでー」「さーらーにーやでー」とさらに顔を踏みつけさせ、こっこは渾身の力を込めて踏み続ける。しばらくすると鼠人間は「ストッピット!」と言って、踏むのをやめさせた。そして「仰向けに寝転がったまま」「びくっ、びくっと体を震わせ始めた」。その表情は「苦しそうではなく、それどころか、どこか優雅な、水面をたゆたうような表情をしていた」──。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真