日刊サイゾー トップ > 社会 > 事件  > 内閣府職員変死事件の謎

「釜山港からの出港は無理」内閣府職員変死事件で韓国漁業関係者が証言

busan-port-from.jpg釜山港(Wikipediaより)

 北九州市若松区の響灘で、漂流していたゴムボートに乗っていたとみられる内閣府の男性職員が遺体で見つかった。この男性は1月に国際会議に出席するために訪れた韓国で消息不明となっており、さらに韓国から出国した記録もないことが明らかとなり、ミステリー小説さながらの展開に、ネット上ではさまざまな臆測が飛び交っている。


 また、男性名義のクレジットカードの利用履歴から、韓国入国後に南部の都市、釜山でゴムボートに付ける船外機や防寒着などを購入していたことも判明しており、船外機を付けたゴムボートで日本上陸を目指していた可能性が浮上した。

 しかし、韓国の漁業関係者によると、「港の事情を知らない者が、釜山周辺からゴムボートで沖合に出ることは不可能に近い」と話す。

「釜山は世界有数の国際港で、北朝鮮製の偽タバコや麻薬の中継地にもなっていることか
ら、海洋警察も港内から沖合にかけて頻繁にパトロールをしている。また、北朝鮮の強襲に備え、韓国海軍も相当数配置されている。ゴムボートに船外機を付けた不審な船に男が一人乗り込んでうろうろしていれば、すぐに止められるはず」(同)

 釜山から出港したのでないとすれば、購入したゴムボートを運んで別の場所から沖へ出たのか? はたまた、別の船で沖合まで出た後、ゴムボートに乗り換えたのか? どちらにしても、単独行動では難しそうである。だとしたら、ほかに何者が関与していたのか――? 謎は深まるばかりである。
(文=牧野源)

最終更新:2014/02/03 15:00
関連キーワード

「釜山港からの出港は無理」内閣府職員変死事件で韓国漁業関係者が証言のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

たけし&志らく女性に周囲が迷惑

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、各...…
写真
インタビュー

瓜田純士、田代まさしに去勢を提案!?

北九州市若松区の響灘で、漂流していたゴムボートに乗っていたとみられる内閣府の男性職員が遺...
写真