日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 大コケオダギリが金曜をジャック

働き者“Mr.大コケ”オダギリジョーがさらにペースアップ! 次クールは「金曜をジャックする!?」

odagirijho128.jpg

 役者・オダギリジョーのドラマ出演が、ハイペースだ。

 現在、『S-最後の警官-』(TBS系)に国際テロリスト役で出演しているオダギリだが、昨年のNHK大河ドラマ『八重の桜』以降、休むことなく、連ドラやスペシャルドラマの出演が続いている。

 さらに4月クールでは、『リバースエッジ 大川端探偵社』(テレビ東京系/金曜深夜0時12分~)と、『アリスの棘』(TBS系/金曜夜10時)の2作品に出演。前者は主演、後者は上野樹里に続く“2番手”と、共にメーンどころだ。

 オダギリの連ドラ主演は、『家族のうた』(フジテレビ系)以来、2年ぶり。『リバースエッジ』は、監督・脚本を『モテキ』の大根仁氏が手掛け、オダギリは独特の雰囲気を持つ探偵社の調査員を演じる。

「オダギリは、2009年に長澤まさみとダブル主演を務めた『ぼくの妹』(TBS系)が全話平均視聴率7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、大コケ。その3年後、初の単独主演を務めた『家族のうた』(フジテレビ系)も、平均視聴率3%台を連発し、打ち切りに。さらに昨年、メーンどころで出演した『八重の桜』も視聴率不振にあえぎ、放送中の『S-最後の警官-』も、なぜかオダギリが登場した第4話でガクンと数字が下降。今やネット上では、オダギリの出演が発表されるたびに『キャストにオダギリがいるけど、大丈夫か!?』と心配の声まで上がるように……。一部業界内でも“Mr.大コケ”と呼ばれています」(芸能ライター)

 仕事のペースを上げた理由について、妻・香椎由宇の第二子妊娠が発覚し、「奥さんが働けなくなるため、『俺が稼がないと』と思ったのかもしれない」(関係者)というウワサも飛び交っているオダギリ。金曜の連ドラ枠をジャックする彼は、広く世間から受け入れられるだろうか?

最終更新:2014/02/28 19:30
こんな記事も読まれています

働き者“Mr.大コケ”オダギリジョーがさらにペースアップ! 次クールは「金曜をジャックする!?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

ラリー遠田が語る『平成お笑い史』

役者・オダギリジョーのドラマ出演が、ハイペースだ。 現在、『S-最後の警官-』(TBS系...
写真