日刊サイゾー トップ > 芸能  > 亀田ジム問題、関係者に嫌がらせも

ボクシング“亀田ジム問題”記者・関係者に悪質嫌がらせ続発「中傷ファックス、怪電話も……」

 こうした異様な出来事が同時期に起こっていることは、現在、亀田兄弟の置かれている立場と無縁ではあるまい。兄弟は所属ジム会長らがJBCからライセンス失効の処分を受け、国内では主催興行も試合もできない状態。これに、代理人の北村晴男弁護士が頻繁に記者会見を開いて反論しているが、亀田側にとっては大ピンチであることは間違いない。この緊急事態に対する反発が、威圧騒動や中傷ファックス、怪電話などとなったのではないか。

 それぞれの嫌がらせが関係者によるものか部外者によるものか、まったく分かってはいないが、犯人が記者の自宅や電話番号を把握していることなどに関しては「マスコミの中にスパイのような役割をしている者がいる」というウワサもあるだけに、非常に不気味だ。
(文=和田修二)

最終更新:2014/03/07 19:04
12
こんな記事も読まれています

ボクシング“亀田ジム問題”記者・関係者に悪質嫌がらせ続発「中傷ファックス、怪電話も……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

”東京が怖いアイドル”王林を直撃!

プロボクシングの亀田兄弟と“対立”している関係者や同問題を取材している記者に、次々と不穏...
写真