日刊サイゾー トップ > 芸能  > 亀田ジム問題、関係者に嫌がらせも

ボクシング“亀田ジム問題”記者・関係者に悪質嫌がらせ続発「中傷ファックス、怪電話も……」

kamedajimu030.jpg『K3BOX&FIT GYM』HP

 プロボクシングの亀田兄弟と“対立”している関係者や同問題を取材している記者に、次々と不穏な事態が起こっている。

 2月下旬、マスコミ各社やボクシング関係者に、フリージャーナリストの片岡亮氏が「反社会的勢力と深い関係を持っており、暴力団組織と行動を共にしている」というファックスが一斉送信された。

 片岡氏を指定暴力団の関係者とし、ボクシングジムの大手、帝拳ジムの本田明彦会長から指示を受け、日本ボクシングコミッション(JBC)と結託して亀田兄弟潰しを仕掛けたという、およそ信じられないような内容だった。

 これについて片岡氏は「暴力団とのつながりは、電話も文書も面会も一切ない、まったくのウソです。帝拳ジムやJBCとの連携も、バカバカしい作り話」と否定。「悪質な嫌がらせ」とした。

 片岡氏は昨年9月、自身のブログに掲載した亀田兄弟に関する記事について、長男・興毅、三男・和毅から名誉毀損だとして2,000万円の損害賠償請求を起こされており、現在係争中だ。片岡氏によると「この裁判が起きた途端、こうした嫌がらせが相次ぐようになった」という。

「自宅には不審者が現れたことが確認され、現在も地元の警察署が頻繁にパトロールしている状況」(同)

 さらに、2月7日には記者会見に出席した片岡氏の元に2人組の男が現れ「てめえ、なにやってんだ! 俺は亀田兄弟と業務提携しているケイダッシュのもんだ」と名乗って威圧する騒動があった。

 この模様は筆者も目撃し、本サイトで記事にしたが(記事参照)、2月末には筆者の元にも「サイゾーで亀田を叩いただろ。気をつけろよ」という電話があった。男は名前を聞いても答えなかったが、その口調はかなり攻撃的だった。

 さらに、亀田兄弟から監禁されて精神的苦痛を受けたと損害賠償請求を行ったJBC職員の自宅にも、2月下旬、不審な2人組の男が車に乗って現れ、職員の住む部屋をしばらくにらみつける不気味なことがあったとが報告されている。


12
こんな記事も読まれています

ボクシング“亀田ジム問題”記者・関係者に悪質嫌がらせ続発「中傷ファックス、怪電話も……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

宮島英紀の「どりこの」発掘ルポ

プロボクシングの亀田兄弟と“対立”している関係者や同問題を取材している記者に、次々と不穏...
写真