日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ハロー!プロジェクト  > 市井紗耶香が「大人AKB」応募

ドリムスにも呼ばれないし……「大人AKB48」に応募した“ママタレ”市井紗耶香のジリ貧ぶり

ichiisayaka0402.JPG『市井紗耶香 LOVE BASIC』(宝島社)

 元モーニング娘。の市井紗耶香が、“大人AKB48”オーディションに応募したことを2日、自身のブログで報告した。

 同オーディションは、30歳以上の女性を対象に、先月28日まで応募を受け付けており、2次先行は今月5日。最終選考に通過した1人が、期間限定メンバーとして握手会やコンサートのほか、江崎グリコのアイス「パピコ」のCMに出演できるという。

 市井はブログに、「一生懸命がんばります! だけど、まだ書類選考の通過連絡が来ていないんだよね。。大丈夫かな。。」と、不安を綴っている。

「以前、元モー娘。メンバーで結成されたドリームモーニング娘。のコンサートに、所属事務所をエイベックスに移籍した後藤真希はゲストに呼ばれたものの、市井は円満退社でないこともあり、呼ばれなかった。しかし本人は、『ドリムスに声をかけてもらえたら、やりたい』とも発言しており、モー娘。時代の経験を生かして何かやりたい、という気持ちがあるのかも」(モー娘。ファン)

 市井といえば、1998年に矢口真里、保田圭と共に、モー娘。第2期メンバーとして加入。保田、後藤とのユニット・プッチモニがミリオンヒットを飛ばすも、わずか2年でモー娘。を卒業。その後、ソロ活動のほか、シャ乱Q・たいせい、ギタリスト・吉澤直樹とのユニット“市井紗耶香 in CUBIC-CROSS”でデビュー。しかしヒットに恵まれず、2003年に突然「幸せを探したい」と宣言し、所属事務所を退社した。

 その翌年、ユニットのメンバーだった吉澤と“デキ婚”。第1子を出産するも、11年に離婚。その翌年、9歳年上の美容師と2度目のデキ婚をし、現在は3人の子どもを育てる“ママタレ”として活動している。

「09年に、『サンデー・ジャポン』(TBS系)で5年ぶりに芸能界復帰した市井ですが、以降、仕事は順調とはいえず、女優としても、“ママタレ”としても迷走している。その一番の問題は、本人が何をやりたいのか分かっていないこと。これまでの彼女は、モー娘。時代の華やかさが忘れられず、芸能界にしがみつくも、居場所が見つけられずにいる印象です」(芸能関係者)

12

ドリムスにも呼ばれないし……「大人AKB48」に応募した“ママタレ”市井紗耶香のジリ貧ぶりのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

有村架純と森田剛が共演『前科者』レビュー

 寄り添うという言葉は、柔らかいイメージがあ...…
写真
インタビュー

家族を介護する“ヤングケアラー”の孤独と本音

元モーニング娘。の市井紗耶香が、“大人AKB48”オーディションに応募したことを2日、自...
写真