日刊サイゾー トップ > 芸能  > イモト“断念”はシナリオ通り?

エベレスト登頂継続→断念のイモトアヤコ、ここまでがシナリオ通りだった!?

imotoayakso0430.jpg『イモトアヤコの地球7周半』(プレジデント社)

 日本テレビは28日、バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』の企画で、タレントのイモトアヤコが目指していた世界最高峰エベレスト(8,848メートル)の登頂を断念すると発表した。


 18日に13人が死亡する雪崩事故が発生し、協力し合う予定だった各国の登山隊が撤退を決めたため、登頂が困難になった。同局の大久保好男社長は定例会見で「各国の登山隊の動向を情報収集し分析した結果、アタックを断念すると決めた。適切な判断だと思っている」とコメント。18日の死亡事故後、一度は登頂継続を宣言していたが、わずか数日で撤回することとなった。

 これに、テレビ関係者は「“うまいな~”といった印象。おそらく事故後すぐに登頂が危ういことはわかっていたはず。にもかかわらず継続を宣言したことで、大きな話題となった。ここまでがシナリオとみられてもおかしくありません」と話す。

 イモトを含む総勢16人の『イッテQ』チームは現在、エベレスト近くの約6,500メートルの山「メラ・ピーク」で高地順応のトレーニング中。イモトには28日にベースキャンプに戻ったところで、決定が伝えられたという。

 8日に日本を出発し、現地の様子などをたびたびTwitterでつぶやいているイモトだが、断念決定の経緯や、決定を伝えられた際の詳細はまだ語っていない。

「それは番組内でということでしょう。彼女が真剣に登頂を目指していたことは事実だし、それがなくなったことで相当ショックを受けていることは容易に想像できる。その姿を番組で初公開することで、高視聴率を狙えると考えているのではないか」(テレビ関係者)

 よくも悪くも、テレビ局は視聴率至上主義。イモトにとっては断腸の思いだろうが、結果的にそれが数字に結びつけば“御の字”といったところだろう。

最終更新:2014/04/30 12:00
こんな記事も読まれています

エベレスト登頂継続→断念のイモトアヤコ、ここまでがシナリオ通りだった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

巷で話題「港区女子」の実態とは!?

日本テレビは28日、バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』の企画で、タレントのイモト...
写真