日刊サイゾー トップ > 芸能  > 氷川きよしの醜聞に女性誌が悲鳴

女性誌に悲鳴! 「暴行・セクハラ言動・創価学会……」醜聞噴出の氷川きよし、ショックで雲隠れ!?

41u55xvG7SL.jpg『満天の瞳(ほし)』(日本コロムビア)

 “演歌界のプリンス”こと氷川きよしを特大スキャンダルが襲った。

 「週刊文春」(文藝春秋)によると、氷川が20代の元マネジャー男性・G氏に対して日常的に暴行を働いていたというのだ。同誌によると、G氏は氷川の所属事務所に昨年10月に入社。今年1月から氷川の担当になったが、氷川は、男性の仕事ぶりにたびたび難癖をつけ、タバコを投げつけたり、ペットボトルの水を頭からかけたりしたという。鹿児島県を訪れた際には、楽屋で男性の顔を右手で3回平手打ち。飛行機内では30センチの金属製ツボ押し棒で首を3回殴るまでになり、G氏は上司に担当替えを直訴したという。G氏はすでに同社を退社し、現在「うつ状態」で服薬治療中という。


 ネット上の文春サイトでは、氷川による暴力の瞬間を収めた録音テープが有料で公開されている。

「同誌ではDV以外にも、氷川が同性愛に関する質問を執拗に行う様子や、創価学会への信仰心のすさまじさが詳細に報じられている。事務所はノーコメントを貫いているが、イメージダウンは深刻で、頭を悩ませているそうです」とは音楽関係者。

 “優等生キャラ”で通っていた氷川の裏の顔に、マスコミ関係者も衝撃を受けている。

 ある週刊誌記者は「とりわけ、氷川さんと親交の深い女性誌は悲鳴を上げていますよ。氷川さんの特集やグラビアは売り上げが期待できるコンテンツ。出版不況の中、どれほど影響を及ぼすか……」と話す。

 氷川も今回のスキャンダルにひどく落ち込んでおり、マスコミの前に姿を現せない状況だ。

「氷川さんは新曲やコンサートを行うたびに、マスコミを集めて取材を行っている。次回は確実に今回のスキャンダルについて聞かれるだろうし、その対策が定まらない限り、マスコミの前に出てこられないのでは?」(スポーツ紙記者)

 大みそかのNHK『紅白歌合戦』への影響も叫ばれる中、騒動の収束が急がれる――。

最終更新:2014/05/08 16:30

女性誌に悲鳴! 「暴行・セクハラ言動・創価学会……」醜聞噴出の氷川きよし、ショックで雲隠れ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

フジモン、離婚でパワーアップ?

 今回取り上げるのは、FUJIWARA藤本敏史...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

“演歌界のプリンス”こと氷川きよしを特大スキャンダルが襲った。 「週刊文春」(文藝春秋)...
写真