日刊サイゾー トップ > 芸能  > 映画『悪夢ちゃん』ガラガラか

ド派手な宣伝もむなしく……北川景子主演『悪夢ちゃん The 夢ovie』映画館がガラガラで“本当の悪夢”か!?

kitagawa0428.jpg

 今月3日に封切られた映画『悪夢ちゃん The 夢ovie』が、思わぬ不入りに見舞われている。

「全国271スクリーンと大規模上映されている同作ですが、初週の動員は12万7,427人でランキングは7位。興収は1億4,970万8350円と、あれだけ派手に宣伝した映画とは思えない、寂しい結果となりました」(映画ライター)

 公開直後のTwitter上には、「悪夢ちゃん、ガラガラで貸切状態」「あのー、悪夢ちゃん The Movie これから観るんですけどー もうすぐ本編始まるんですけどー 客、ワシ1人なんすよー 貸し切りぃー 今日公開っすよねー ヤバい(´・ω・`)」「子どもの日なのに、客3人てww」「レディースデーなのに、客4人……マリウスくん演技うまいのになんか残念」といった書き込みが多く見受けられる。

 同作は、2012年に放送された連ドラ『悪夢ちゃん』(日本テレビ系)の映画化。恩田陸の小説『夢違』(角川書店)を原案にしたファンタジー作品で、主演の北川景子のほか、GACKT、木村真那月、Sexy Zoneのマリウス葉、小日向文世、優香らが出演。主題歌を北川と同じスターダストプロモーション所属の、ももいろクローバーZが担当している。

「連ドラの全話平均視聴率は11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)とイマイチだったため、以前から映画化に疑問の声も多かった。制作サイドは、『放送終了後、視聴者から続編を希望する熱烈なラブコールが殺到した』と映画化の理由を発表していますが、最初から決まっていたんじゃないかと、疑ってしまいます」(同)

 また、公開前日には『金曜ロードSHOW』枠で2時間スペシャルドラマ『特別ドラマ企画 悪夢ちゃんスペシャル2014』を放送。通常、視聴率14%前後の同枠だが、この放送に限っては9.9%と1ケタに留まった。


12
こんな記事も読まれています

ド派手な宣伝もむなしく……北川景子主演『悪夢ちゃん The 夢ovie』映画館がガラガラで“本当の悪夢”か!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

今月3日に封切られた映画『悪夢ちゃん The 夢ovie』が、思わぬ不入りに見舞われてい...
写真