日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 連ドラは「水戸黄門的」が好調

今期は「水戸黄門的ドラマ」が好調!? 杏主演『花咲舞が黙ってない』右肩上がりのワケ

hanasaki0410.JPG日本テレビ『花咲舞が黙ってない』番組サイトより

 7日に放送された池井戸潤原作・杏主演『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)第4話が平均視聴率16.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録したことが分かった。

 初回17.2%と好スタートを切った同作は、第2話で14.7%までダウンしたものの、第3話で15.4%まで回復。第4話ではさらに上昇を見せた。

「初回放送後は、『半沢(直樹)と比べると、物足りない』『女版・半沢を期待してたけど、違った」という声も多かったため、視聴率の低下が危惧されたものの、現在放送中の民放連ドラで15%を超えているのは同作のみ。一方、より半沢テイストの強い『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系)は、第2話で早くも11.8%まで落ち込んでしまいました」(芸能ライター)

 第4話では、舞(杏)と相馬(上川隆也)が、若手行員の光岡(吉村卓也)が失踪したという横浜西支店へ。失踪の原因を探るうち、光岡が手掛けていたある会社の融資だけ、支店長の中村(戸田恵子)の承認が下りていないことが判明し……というストーリーが展開された。

 視聴者の評判をうかがうと、ネット上では「『こんな話、現実ではありえない』と思いながらも、毎週見てしまう」「中身が薄い気がするけど、毎週見るにはこれくらいがちょうどいい」「インパクト薄いけど、単純明快だからつい見ちゃう」などと、多少の不満を漏らしながらも「毎週、見てしまう」という声が目立つ。


12
こんな記事も読まれています

今期は「水戸黄門的ドラマ」が好調!? 杏主演『花咲舞が黙ってない』右肩上がりのワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

加藤ひさしが語る32年間の軌跡

 ザ・コレクターズは不思議なバンドだ。1987年にメジャーデビューして以来、アルバム...…
写真