日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > 自殺か、逃走か?妻子殺害容疑の男
日本“未解決事件”犯罪ファイル

妻と子を殺した男の足取りは“自殺の名所”で途絶えた「自殺か? 逃走中か!?」真実の行方は……

 やはり、自責の念にかられた悠也容疑者は、華厳の滝に身を投じたのだろうか。それとも、自殺を偽装して、まだ逃走を続けているのだろうか。はたまた、第三者による犯行に巻き込まれ、身内による殺害に見せかけられたのだろうか……。ちなみに、関係者の証言では、大沢一家は華厳の滝と縁もゆかりもなかったという。

 惨劇が起きる前、近所の公園では3人で散歩する姿がしばしば目撃されていた。咲子さんも生前、「夫は本当に優しい人」と友人らに語っていたといい、夫妻を知る人々はみな、「あんなに仲が良さそうだったのに……」と口をそろえる。

 いったい、仲の良かったはずの一家3人に何が起きたのか?

 真実を明らかにするため、生きて悠也容疑者が証言台に立つ日が来ることを信じて待ちたい。
(取材・文=神尾啓子)

<指名手配>
名前:大沢悠也(当時29歳)
身長:158cm
特徴:痩せ型、メガネをかけることもある

<情報提供先>
南大沢警察署
042-653-0110

最終更新:2014/06/23 21:00
12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

妻と子を殺した男の足取りは“自殺の名所”で途絶えた「自殺か? 逃走中か!?」真実の行方は……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

古くから避暑地として親しまれている栃木県日光市の中禅寺湖を水源とする華厳の滝は、紅葉シー...
写真