日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 自殺か、逃走か?妻子殺害容疑の男
日本“未解決事件”犯罪ファイル

妻と子を殺した男の足取りは“自殺の名所”で途絶えた「自殺か? 逃走中か!?」真実の行方は……

jiken026.jpg

 何かが狂ってしまった現代社会。毎日のようにニュースに流れる凶悪事件は尽きることを知らない。そして、いつしか人々はすべてを忘れ去り、同じ過ちを繰り返してゆく……。数多くある事件の中でも、いまだ犯人・被疑者の捕まっていない”未解決事件”を追う犯罪糾弾コラム。

第26回
八王子母子殺害事件
(2009年4月)

 古くから避暑地として親しまれている栃木県日光市の中禅寺湖を水源とする華厳の滝は、紅葉シーズン以外でも観光客が絶えることはない。霧降の滝、裏見滝と併せて「日光三名瀑」に数えられている観光名所である。

 ここを訪れる人々はみな、約97mもの落差を水が一気に流れ落ちる壮観な様に心を奪われる。その一方で、この地は明治時代から“自殺の名所”としても知られている。2009年4月、ひとりの男がこの地で消息を絶った……。

 同月28日、東京都八王子市の閑静な住宅街に建てられたマンションの一室で、女性と幼児の他殺体が発見された。亡くなっていたのは、会社員の大沢咲子さん(当時27歳)と、長男の航也ちゃん(当時3歳)。リビングで遺体となって発見された咲子さんは、頭を鈍器で何度も殴られたような痕があり、血まみれの状態だった。室内には、凶器と見られる血のついたスパナが落ちていたという。また、隣の和室では航也ちゃんが何者かに首を絞められ、窒息死していた。

 この家で、夫と3人暮らしだった咲子さんと航也ちゃん。第一発見者となったのは、夫の両親である。前日から一切電話がつながらないことを心配し、息子夫婦のマンションを訪れ、解錠業者にドアを開けてもらって室内に入ったという。そして、午前2時過ぎに2人の変わり果てた姿を発見したのだ。

 捜査を開始した警察が、容疑者を特定するのに、さほど時間はかからなかった。玄関の鍵が閉まっていたことに加え、事件発生前後、マンションの防犯カメラに映っていたのが、咲子さんの夫だけだったからである。

 警察は、家族以外の侵入の可能性は皆無として、2人を殺害した疑いで夫の大沢悠也容疑者(当時29歳)を緊急手配する。このとき、自分たちの息子が手にかけたかもしれない母子の遺体を見つけた夫の両親は、いったいどんな気持ちだっただろうか。

 翌朝、警察は夫の足取りを、意外な場所で確認する。冒頭の華厳の滝の付近にある駐車場で、彼の運転していた軽自動車が発見されたのである。

 しかし、そこは前述した通りの“自殺の名所”。悠也容疑者が2人を殺害したとすれば、その場所で投身自殺した可能性もある。実際、滝の近くの防犯カメラに車を運転する彼の姿が映っていたほか、滝の頂上付近からは、愛用のジャケット、財布、デジタルカメラが発見された。

 観光客のいない早朝、警察は上流のダムの水門を閉めて滝の水を止め、一斉捜索を開始。しかし、滝つぼからは彼の着ていたシャツが発見されたものの、どれだけ探しても本人の遺体は見つからなかった……。

 警察は「逃走の可能性あり」として、同年5月18日に同容疑者を殺人容疑で指名手配。しかし、有力な手がかりはまったく見つからなかった。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed