日刊サイゾー トップ > 芸能  > 寺脇が“犬猿の仲”水谷豊を…

寺脇康文が“確執説”あった水谷豊を参考に役作り!?「スタッフも苦笑いするしか……」

lastdoc.jpg『ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~』テレビ東京

 俳優の寺脇康文が、7月スタートのテレビ東京系“金曜8時のドラマ”『ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~』で4年ぶりに連続ドラマ主演する。


「この枠は、昨年10月、現代劇としては13年ぶりに復活したゴールデン帯連続ドラマ枠で、1月クールには北大路欣也さん主演の『三匹のおっさん』が全8話の平均視聴率10.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、同局現代劇連続ドラマの最高視聴率を記録しました。局としても、この枠を重視しているので、寺脇さんにも頑張ってもらいたいですね」(テレ東関係者)

 寺脇が演じる主人公・秋田晋也は、「生きている人間を相手するよりも、死体のほうが楽」と言い放ち、他人とのコミュニケーションに少々難がある変わり者の役。

「変わり者を演じる寺脇さんは“僕は『相棒』に出てたから大丈夫ですよ! いつも近くで見てましたからね”と、自信満々でした。それってつまり、水谷豊さんが変わり者だったってことですからね。スタッフも、苦笑いするしかなかったようです」(ドラマ関係者)

 寺脇の『相棒』降板は水谷との確執が原因というのがもっぱらだが、本人はおろか誰もその件については発言していないだけに、この発言に驚いたスタッフも多かったという。

「水谷さんも寺脇さんも熱い人ですから、いろいろと衝突したんじゃないですかね。本人は“これ(『ラスト・ドクター』)を代表作にしたい!”と意気込んでいますから、出来上がりが楽しみです」(同)

 ハマリ役といわれた『相棒』亀山薫役を超えることができるか――。

最終更新:2014/06/13 08:00
こんな記事も読まれています

寺脇康文が“確執説”あった水谷豊を参考に役作り!?「スタッフも苦笑いするしか……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

俳優の寺脇康文が、7月スタートのテレビ東京系“金曜8時のドラマ”『ラスト・ドクター~監察...
写真