日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 2013年ブレーク芸能人のその後
数字で読み解くテレビ

出演7割減のキンタロー。は、このまま消えてしまうのか!? 2013年ブレーク芸能人の“その後”

kintaro0709.jpg『キンタロー。のハッピー・ダンスエクササイズ~心もカラダもキレキレ!』(光文社)

 2014年も半年が過ぎ、さまざまなサイトで上半期にブレークした芸能人が紹介されているが、ちょうど1年前、2013年上半期のブレーク芸能人として紹介された(http://blog.tv-ranking.com/stat/243)タレントはその後、どうなったのか? 番組出演データを元に調べてみた(出演時間は、2013年の下半期、2014年の上半期をプライムタイムで比較/俳優は省く)。

 まずは、大幅に露出を減らした芸能人はこちら。

●キンタロー。(2013年:1位)
2013年下半期:74時間37分(49回)
2014年上半期:21時間50分(15回)
増減率:-70.7%

 なんと驚異の70%減! 火曜レギュラーを務める『PON!』(日本テレビ系)をはじめ、ゴールデン/プライムタイム以外の時間帯ではまだ出演があるが、非常にヤバい状態なのは間違いない。収録現場では片っ端から楽屋を回り、必死の営業をしているようだが……。
 

●ハマカーン(2位)
2013年下半期:27時間20分(22回)
2014年上半期:11時間32分(8回)
増減率:-57.8%

「THE MANZAI 2012」で優勝し、昨年ブレークしたお笑いコンビ。低視聴率が話題になっている『バイキング』(フジテレビ系)などに出演中だが、プライムタイムでは6割近い減少だ。現在、テレビ界はネタ番組ゼロというお笑い氷河期。賞レースを勝ち上がってきた芸人にとっては厳しい現状がしばらく続きそうだ。

●潮田玲子(10位)
2013年下半期:34時間13分(20回)
2014年上半期:27時間50分(18回)
増減率:-18.7%

 こちらは約2割減。2012年に現役を引退し、昨年はバラエティ番組を中心に出演を増やしたが、もともとしゃべりはうまくなく、天性の“かまってちゃん”キャラが災いし、視聴者の好感度は高くない。アスリート枠では、昨年末から元フィギュア安藤美姫のテレビ出演が急増しており、これも少なからず影響していそう。

12

出演7割減のキンタロー。は、このまま消えてしまうのか!? 2013年ブレーク芸能人の“その後”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

西寺郷太が提唱!ノートの書き方

2014年も半年が過ぎ、さまざまなサイトで上半期にブレークした芸能人が紹介されているが、...
写真